GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 会社概要 >
  3. 環境活動

環境活動

環境ISO認定シンボル

当社は技術開発センターで、1998年7月28日付けで株式会社日本環境認証機構(JACO)よりISO14001に準拠した環境マネジメントシステムの認証を取得しておりましたが、2005年7月27日付けでJACOによる富士通グループでの一括認証に移行いたしました。
今後も日常の企業活動を通じて、省エネルギーや資源のリサイクルに努めるとともに、環境に優しいコンポーネントをお客様に提供するための努力を続けてまいります。

富士通コンポーネントグループ環境方針

理念

当グループは、富士通グループの一員として、地球環境保全への取り組みを最重要課題であると認識し、「環境を大切に、より良い企業活動を行うこと」を理念とし、コンポーネント製品の開発、設計、製造、販売を行う企業であることを踏まえ、低炭素で豊かな社会の実現に向けて、ISO14001に準拠した環境マネジメントを推進する。

行動指針

  • 当グループの活動、製品、サービスに関わる環境側面を常に認識し、環境汚染の予防を推進すると共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  • 環境と経済の両立に貢献する製品を積極的に提供する。
  • 当グループの活動、製品、サービスに関わる環境関連法規、当グループが同意するその他の要求事項を遵守する。
  • 当グループ指定の有害物質を「入れない」「使わない」「付けない」「出さない」の考えで、全廃を維持する。
  • 社員一人ひとりは、それぞれの業務と市民としての立場を通じて持続可能な資源の利用(注)、気候変動対策や生物多様性保全を始めとした環境の改善に努め、更に広くこれらの社会への普及啓発を図る。
  • 注)資源の多くは枯渇性のものであり、可能な限り長期に活用できるよう資源を有効に使用するため、環境配慮設計、省エネ、省資源、廃棄物削減、リサイクル等を推進すること。

重点項目

当グループの活動、製品、サービスが関わる環境側面のうち、次の項目を環境マネジメント重点項目として取組む。

  1. 環境配慮製品(エネルギー効率の業界トップレベル達成と省資源化・資源循環性の向上)の開発と提供
  2. 社会貢献活動の推進
  3. 温室効果ガス(GHG)排出量の削減
  4. エネルギー効率の改善
  5. サプライチェーンにおけるCO2排出量削減の推進
  6. 廃棄物排出量の抑制

附則

  1. この環境方針は、文書化し、当グループの全領域、全社員に周知されるとともに、一般の人にも開示する。
  2. この方針の取扱部門は、環境管理部とする。

以上

2017年4月12日
富士通コンポーネントグループ
環境統括責任者

GTM-MQQHZDX