GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

治験ソリューション

国内治療・実施機関の課題を解決

プロトコルに則った試験運用が求められる治験管理業務の現場

当社では、NMGCP(治験管理システム)の導入により、これら治験管理業務の課題解決を全面的に支援します。

治験実施施設様向け治験管理業務支援ソリューション

品質向上と治験期間の短縮

治験実施計画書(プロトコル)の電子受付により、プロトコルに沿った治験が実施できます。また、院内の医療情報システムと連携を図ることにより、従来の手作業に比べ転記ミスも削減され、フィードバックロスの軽減が図れます。更に治験状況を随時確認できますので、問題点の早期発見による治療の判断などを早期に行えます。

治験に係わる事務局様、CRC様の作業負荷軽減と医師業務の効率化

治験/審査管理機能が事務局様の書類作成作業の負荷を軽減します。また、カレンダーによる来院予定/実績管理機能がCRC様の被験者管理作業を効率化します。更に、電子カルテシステム連携による併用制限薬の処方時チェックやスケジュール確認機能によって、医師業務の効率化を実現します。

電子カルテシステムとの連携事例

依頼者から受領した電子プロトコルを遵守した治験業務を実施します。電子カルテシステム連携では、治験患者識別マーク表示、処方時の禁忌薬剤チェック、治験概要、スケジュール表示及びオーダーセット連携によるオーダー発行や所見入力を実現します。

治験業務における課題と解決ポイント

国内治験の課題

GCP等の品質課題

  • スケジュール違反の防止
  • 併用禁止薬投与の防止
  • CRF記載モレ、記入・転記ミスの防止

治験実施機関の課題

治験事務局の課題

  • 契約、審査等の書類作成の効率化
  • 個人依存の体制のため共有化しづらい

解決のポイント

  • 治験管理、スケジュール管理等によるミスの防止(品質の向上)
  • データベース化による情報共有、書類作成支援等による業務支援(業務の効率化)
  • お客様の業務に即した機能、操作性の高いシステムの提供(診療情報システムとの連携 等)

提案から導入までのフロー


  • 2018年6月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。