GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. ソリューション&サービス >
  3. PrintBarrier[プリントバリア]

印刷セキュリティソリューション PrintBarrier[プリントバリア]

プリンタに依存せず、簡単に印刷物のセキュリティを強化

オフィスの印刷物には、多くの「個人情報(顧客・社員)」や「社外秘情報」が含まれており、印刷物の放置や不正利用は情報漏えいの一因となっています。
PrintBarrierは、メーカー・機種が混在する社内印刷環境におけるセキュリティ対策強化と、無駄な印刷を抑制するソリューションです。

管理者・利用者に負担をかけずに、セキュリティを強化

【ログ管理機能】
万一の場合、情報流出源を追跡可能

ユーザー名、ファイル名、印刷日時、印刷識別情報などのログ取得、検索が可能です。
また、実際の印刷内容を画像イメージとしても保存できるため、ファイル名に関係なく、印刷内容を把握することが可能です。 (注)サーバ切断時でも保存可能

ログ管理機能

印刷ログ

印刷時のユーザー名やファイル名・印刷日時などのログを取得します。
管理サーバを設置することで、クライアントから収集される印刷ログを管理することも可能です。


印刷イメージログ

実際の印刷内容を画像イメージとして保存可能です。


印刷物識別情報

印刷物ごとにユニークな識別情報が付与されるため、ログから印刷者を特定することが可能です。

【情報付加機能】
情報漏えいにつながる印刷物の置き忘れ/ 紛失を抑止

ヘッダ/フッタ/透かし/印刷物識別情報など、印刷者を特定する各種情報を強制的に付与することが可能なため、置き忘れや紛失など、ユーザーの印刷物に対するセキュリティ意識の向上を図れます。
解除した場合は、その情報がログとして記録されます。

情報付加機能

ヘッダ/フッタ/背景

印刷物のヘッダ/フッタ/背景に印刷者を特定できる情報を付加できます。


強制印字

ヘッダ/フッタ/背景の付加情報を強制的に設定できます。解除した場合、その情報がログで収集されます。

プリンタ・アプリケーションの機能によらず、印刷効率アップ

【プレビュー編集機能】
異なるアプリの文書を出力前に編集し、必要なページのみ一括印刷

複数アプリケーションの文書を統合したり、出力内容をプレビュー画面で確認できるため、無駄な印刷を削減できます。
PDFや画像データとしても出力可能です。

プレビュー編集機能

プレビュー

印刷前の出力内容を確認できます。プリンタ名、紙のサイズなども確認できます。


ページ編集

空ページ、不要なページを削除できます。


サムネイル印刷

1枚の紙に複数(2 / 4 / 8)ページを印刷できます。


アプリ結合

1度の印刷操作で複数アプリケーションの文書を同時に印刷できます。


2重印刷禁止

2重印刷を防止します。

【一括管理機能】
端末の設定内容を一括管理

印刷実績を見える化することで、不要な印刷の抑止など、ユーザーの意識向上を促進します。

一括管理機能

ポリシー配信

サーバで作成したPrintBarrierのセキュリティポリシーをクライアント端末に一括で配信することができます。


実績修正

ユーザー/グループごとに日別・月別といった集計ができます。
また、ユーザーごとに印刷可能上限枚数を設定できます。カラー/モノクロの印刷種別、上限超過時には警告や印刷禁止の設定も可能です。


レポート作成

集計結果のレポートを作成できます。

カタログ・体験版ダウンロード
セキュリティソリューション

  • 2018年3月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。