GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. プレスリリース >
  3. イノベーティブな組織作りを支援するAI会議改革ソリューションの実証実験を開始

PRESS RELEASE

[ 実証実験 ]

2018年10月2日
株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
株式会社フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング

イノベーティブな組織作りを支援する
AI会議改革ソリューションの実証実験を開始

~知的生産性の高い会議状態を検証~

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:林 恒雄、以下:FAE)と株式会社フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング(本社:東京都港区、代表取締役CEO:大岩 和男、以下:FMIC)は、イノベーティブな組織作りを支援し、働き方改革を促進するAI会議改革ソリューションの実証実験を10月2日より開始します。

本実証実験は、FAEのAIやIoT技術の知見により「いつ、誰が、どのような姿勢・表情で、何を発言したのか」等、会議出席者の言動や全体的な雰囲気をデジタル化し、会議の知的生産性を分析します。その分析結果の妥当性をFMICの会議メソッド(注1)による改善手法と成果分析等で比較検証します。

今後、本実証実験を通して、AI会議改革ソリューションの2018年度のサービス開始に向けて共同で進めていきます。

背景

FAEは2018年6月に部門間のコミュニケーションや各社員の働き方特性を可視化し、生産性・創造性向上につながる働きやすい職場作りを支援する「ロケーションプラットフォーム EXBOARD for Office(注2)」を販売開始し、オフィスの働き方改革を提案しています。

FMICは企業の戦略立案・実行プロジェクトにおいて、効果的な創発ワークショップやコラボレーションコーチング手法の開発・実践を行ってきました。現在までに200社以上の企業で導入・活用されており、チーム力強化や組織のコミュニケーション改善に貢献してきています。

FAEとFMICは、企業活動において1日の業務で大きな割合を占める「会議」「ミーティング」に着目し、限られた就業時間を有意義に活用する「知的生産性の高い会議・ミーティング」が働き方改革および企業改革に不可欠なポイントであると考え、共同で検討を開始しました。

両社は、今回の実証実験を通じて、AI会議改革ソリューションの有効性を検証し、イノベーティブな組織づくりを支援するサービスの創出を目指します。

実証実験の概要

1. 実施期間

2018年10月2日(火曜日)から2018年12月28日(金曜日)

2. 実施場所

F-Lab(注3)ご参加企業のモデル職場やモデルワークショップ

3. 実証内容

  1. 会議出席者や全体の状況を画像、音声、会議室の環境をセンシングし、AIを用いてパラメータ化
  2. AIにより会議状態を「共創(Co-creation)、共鳴(Collaboration)、共感(Discussion)、共有(Sharing)、内職・伝達(Partition)」の5つのカテゴリに分類
  3. FMICの会議メソッドと出席者のアンケートに基づき即効性のある改善サイクルを実施
  4. 運用法やツールの使いやすさ検証

4. 見込める効果

  1. 企業と人の成長につながる会議のあり方を明確化
  2. 創造的で効果的に事業成長につながる会議革新
  3. 革新人材強化とチームビルディング

予備実験においては会議の知的生産性が2~10倍に向上しています

関連Webサイト

商標について

記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。

注釈

注1FMICの会議メソッド
  1. 創造的な会議状態診断法(共創、共鳴、共感、共有、内職・伝達のレベル区分)
  2. ビジュアル・コミュニケーション法(全員発言・全員主役のミーティング)
  3. 会議リーダーのコーチング力向上(リーディング力・デシジョン力等)
  4. 職場の心理的安全性を高めるマネジメント(未来思考・ポジティブ思考等)
注2ロケーションプラットフォーム EXBOARD for Office
位置測位技術を活用して、社員の位置情報やオープンスペースの利用状況などをリアルタイムに可視化します。取得したデータに組織情報などをかけ合わせることで、部門間のコミュニケーションや各社員の働き方特性を可視化し、生産性・創造性の向上につながる働きやすい職場づくりや、ワーク・ライフ・バランスの実現を支援します。
注3F-Lab
FMIC未来はじめ研究所が主催するセミオープン型の新事業研究会。2017年から開始し、これまでに約50社が参加し、各社の事業開発加速に貢献しています。

以上

本件に関するお問い合わせ

株式会社富士通アドバンストエンジニアリング
コミュニケーション推進室
icon-telephone 電話: 03-5324-1600(直通)
icon-mail fae-promotion@cs.jp.fujitsu.com


株式会社フューチャーマネジメントアンドイノベーションコンサルティング
未来はじめ研究所
icon-telephone 電話: 03-3459-8178
icon-mail info@fmic.jp