Skip to main content

富士通アドバンストエンジニアリング(FAE)

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品 >
  3. InfoBarrier

InfoBarrier[インフォバリア]6

企業の情報セキュリティを強化するBarrierシリーズ

InfoBarrierはWindowsパソコン上の「ユーザの操作を制限」することで、内部者による情報漏洩を防止および監視するセキュリティソフトウェアです。新バージョンでは、資産(インベントリ)管理機能を追加し、より強固なセキュリティ対策が可能になりました。

情報漏洩・システム環境の破壊・誤操作などの問題を解決します

  • 情報漏洩につながる端末操作を未然に防止します。
  • ファイル暗号化機能により、安全な情報の持ち出しをサポートします。
  • ユーザの端末操作を監視し、情報漏洩リスクを抑えます。
  • 情報漏洩リスクの高い端末操作を発生と同時に警告を通知します。
  • インベントリ収集により、端末の資産管理を行います。

特長

セキュリティ事故につながるユーザの端末操作を制限し、情報漏洩を未然に防止。詳しい特長、適用イメージをご紹介します。

機能一覧

外部メディア(USBメモリなど)へのコピー、印刷の禁止、業務外アプリケーションの使用禁止など「InfoBarrier」のユーザ操作制限機能をご紹介します。

製品体系

「InfoBarrier」の製品体系をご覧いただけます。

運用パターン

用途に合わせた運用パターンをお選びいただけます。

動作環境

推奨動作環境をご確認いただけます。

価格体系

「InfoBarrier」の価格体系をご覧いただけます。

ご購入までの手順について

STEP1 詳細資料を確認いただきます

  • お問い合わせ窓口へご紹介資料を請求ください。

STEP2 製品の体験版をお試しいただきます

  • 体験版製品をダウンロードいただきお試しいただけます。

STEP3 製品のご説明とデモをご覧いただきます

  • お客様先に訪問し、製品のご説明とデモをご覧いただきます。
    ご要望に応じ、ソリューションもご提案させていただくことも可能です。

STEP4 お客様のご利用しやすい、購入先をお選びいただけます

  • ご購入は、富士通、富士通パートナー様、大手流通販売者様からもご購入いただけます。
    お見積もり、ご購入のご相談は、当社営業までご連絡ください。

PDFカタログをダウンロードいただけます

カタログダウンロード

まずは無料体験版でお試しください

体験版ダウンロードフォーム

導入事例

お知らせ


  • 2013年3月現在のものです。改良のため予告なしに仕様、デザイン等を変更することがあります。
  • 記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。