GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通ディフェンスシステムエンジニアリング

Japan

  1. ホーム >
  2. 事業内容

事業内容

  1. 富士通防衛グループの一員として、防衛省・自衛隊の情報通信システムの開発・構築を通じて、我が国の安全及び社会に貢献しています。
  2. 防衛分野で培ったノウハウ・技術力を社会システムの分野に応用して、幅広く社会に貢献しています。
  3. 構築したシステムの円滑な運用を支援するため、システムの運用サポートを行っています。

1.防衛関連の情報通信システムの開発・構築

boueisystem.png

 情報通信基盤・セキュリティ基盤

当社は、防衛関連の情報通信システムのシステム開発及びネットワーク・インフラ構築を行い、それらのシステムの相互運用性の向上に向けて、防衛情報通信基盤 (DII:Defense Information Infrastructure)、コンピュータ共通運用基盤(COE:Common Operating Environment)を開発し、運用サポートを行っています。

 指揮統制システム

作戦における状況確認、計画立案、指揮命令、報告などで、各部隊の指揮統制を支援するシステムを開発・構築しています。

rikujiA.png

 教育訓練システム

作戦行動のシミュレーションや事後解析を通して指揮官の能力向上を目的とした訓練を可能としたり、また、実際の機器を模擬することにより実機を使用しない訓練を可能とする教育訓練を支援するシステムを開発・構築しています。

kyouikukunren.png

 後方業務システム

運用部隊を後方から支えるため、人・物・金を中心とした業務(補給、造修・整備、経理、人事等)を支援するシステムを開発・構築しています。

jimukyou.png

 搭載システム

航空機、ヘリコプター等のセンサー情報、戦術情報により効率的な任務遂行を支援する搭載システムを開発・構築しています。

2.社会システムの分野へのノウハウ・技術力の応用

当社では、防衛分野におけるシステム開発・構築で得たノウハウ・技術力をスピンアウトして社会システムの分野のシステム開発・構築に活かしています。
 また、逆に社会システムの分野で得たノウハウ・技術力をスピンインして防衛分野のシステム開発・構築に活かしています。

3.円滑な運用を支援するための運用サポート

 常時稼働が要求される防衛情報通信基盤、コンピュータ共通運用基盤、及び特定の指揮統制システムにおいては、開発・構築を担当してきた社員が継続してシステムの維持、整備、及び拡張のサポートにあたっています。
 この運用サポートによって得られるシステムの問題点や機能についての要望などのノウハウを換装時のシステム開発・構築に活かしています。

 2011年3月の東日本大震災の発生時には、常時行ってきた運用サポートを更に強化して、自衛隊の任務を円滑に遂行できるよう、24時間サポート体制を敷き、お客様の運用支援にあたりました。