GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Software WebUnity(ウェブユニティ)

Webunity

製品概要

モバイル対応Webコンテンツ開発・保守の生産性がアップ!

FUJITSU Software WebUnityは、各種モバイル端末のブラウザ間の差異を吸収して、Webコンテンツの生産性を向上させる自動コンテンツ変換ツールです。

本格的なコンテンツ変換ツール

現在、インターネットに接続できる携帯電話の端末ブラウザは次のように多様化しています。

  • docomo/i-mode
  • SoftBank/Yahoo!ケータイ
  • au/EZweb
  • スマートフォン各種(Windows® Mobile、iPhone®、Android™、BlackBerry®)
  • Willcom
  • EMOBILE

これらのブラウザ間の仕様の違いや、さらにバージョンごとの差異を理解し、全てに対応するWebページを作成することは、多くの専門知識を必要とし、Webページ作成者の負担を大きくしています。
   この問題を解決するため、WebUnityは接続された端末を識別し、単一のコンテンツを端末ごとに最適な言語に変換します。画像、絵文字等もそれぞれの端末で最適な形で表示されるよう変換します。
   WebUnityを導入することにより、シングルソース化、シングルURL化を図ることができ、Webコンテンツを有効活用することができます。

 

WebUnityの主な機能

  • シングルソース
    1つのコンテンツを基に、各種ブラウザに適した方法でデータを表示することができます。
    具体的には、iモード対応HTML(以後「cHTML」と表記します)で記述されたコンテンツを、それぞれEZweb、Yahoo!ケータイ、スマートフォン各種、Willcom、EMOBILE用に変換するものです。
  • シングルURL
    各種ブラウザからのアクセスURLを共通化できます。
  • クッキー保持
  • 絵文字変換
  • ハード戻るボタン対応

さらに、お客様のご要望に応じ、さまざまなカスタマイズを実装することも可能です(別途有償)。

WebUnity V2.3(新発売)の主な新機能

対応タグを追加しました。
スマートフォン各種、Willcom、EMOBILE用コンテンツ変換に対応しました。
変換対象URLをディレクトリ単位で指定することが可能になりました。
定義ファイルの自動更新が可能になりました。
注:WebUnity V2.3のみ5キャリア対応。WebUnity V2.2L20は3キャリア音声端末対応

GTM-TGJ93T