GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ

マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ

市場背景と課題

マイナンバー法(正式名称:行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)により、2016年1月以降、企業は、社員および扶養家族のマイナンバーを収集し、源泉徴収票などの法定調書や届出書に記載し提供することが必要となっています。

マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリで解決!

「マイナンバーカード対応OCR認識ライブラリ」は、タブレット端末のカメラから撮影した「通知カード」または「マイナンバーカード」の画像から、マイナンバー、氏名、住所、生年月日などの必要な項目を自動認識(OCR処理)して文字コードに変換します。
マイナンバーを取り扱う人事・給与システムなどにおいて、マイナンバーの手入力を避けることで、入力ミスの防止と作業の効率化を支援します。

  1. タブレット端末上の業務システムで、カメラ撮影機能を呼び出し、「通知カード」または「マイナンバーカード」を撮影
  2. 撮影された画像からマイナンバー、氏名、住所、生年月日などの項目を自動認識 (OCR処理)
  3. チェックデジット(※)と住所辞書・氏名辞書を活用した知識処理により、高精度な読み取りを行ない、文字コードに変換
※ チェックデジット:個人番号は、末尾1桁が検査用数字となっており、左から11桁の基礎番号を計算式に当てはめ、末尾の検査用数字と比較することでエラーチェックが可能となっています。

主な特長

端末にデータを残さない安全設計

認識したデータは、タブレット端末上に一切データを残しません。
端末の盗難などによる情報漏洩リスクを排除し、セキュリティに配慮した安全な運用が可能です。

効率的なデータ取得

全ての項目が確実に取得できるまで自動的に撮影・認識を繰り返すことで、撮り直し作業の負荷を軽減します。

既存業務システムへの容易な組み込み

本ライブラリは、タブレット端末上の業務システムに容易に組み込むことの出来るAPIです。
「カメラ撮影」機能、「自動認識(OCR処理)」機能などのマイナンバー収集機能が既存システムから呼び出し可能となります。

利用イメージ

自社内で

税や社会保険の手続のため、従業員のマイナンバー収集に利用できます。

自社内で

動作環境

共通 対応OS Microsoft® Windows® 7/8/8.1/10
CPU 1GHz以上
メモリ 1GB以上推奨
HDD 50MB以上の空き容量が必要
その他 カメラ: 300万画素以上
(Webアプリに組み込む場合)
ブラウザ: Internet Explorer® 11.0
開発環境 サポート言語 (Webアプリに組み込む場合)
JavaScript® 1.3
(Windowsアプリに組み込む場合)
Visual Basic®.NET / .NET Framework 4.0以上

※本ライブラリの認識機能は、まれに誤読やリジェクトが発生する場合があります。そのため、認識結果の確認を行う運用をご検討ください。

GTM-TGJ93T