GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. FENCEシリーズ >
  4. テレワークのセキュリティ対策はFENCEにお任せ

テレワークを暗号化でより安心・安全に
FUJITSU Security Solution FENCEのテレワークセキュリティ対策

テレワークセキュリティ対策 [マルウェア感染] [デバイス管理] [紛失・盗難] [情報漏えい]

「社外でも安心・安全な業務環境を」
ICTを活用し、場所や就業時間にとらわれない柔軟な働き方を実現する、テレワークに注目が集まっています。国も推奨する多様な働き方の実現は、労働環境の改善や雇用促進にもつながることから、積極的に取り組む企業が増えています。
FENCEは、社外でもセキュアに業務データを扱うために、テレワーク向けセキュリティ対策を、低コストで実現します。

テレワークへの期待とセキュリティ課題

テレワークへの期待とセキュリティ課題

テレワークは自宅やサテライトオフィスなど社外で業務データを扱うこと、PCの持ち出しやスマートデバイスの利用が避けられないことから、情報流出を防ぐセキュリティ対策が大きな課題となります。
セキュリティに対する知識や意識レベルは、人により様々。個人で対策を行うことは難しく、企業はテレワークを行う社員が安心・安全に働ける環境を用意する必要があります。

テレワークのセキュリティにこんな不安がありませんか?

  • スマートデバイスの紛失や盗難で、社内の重要情報が流出してしまったらどうしよう
  • セキュリティ対策の不備でウィルスやワームに感染したらどうしよう
  • 業務データを社外で利用して盗聴や端末不正利用されないか心配
  • 社外でのメールやグループウェアを使って、不正侵入されないだろうか
  • 個人端末のアプリケーションの脆弱性をついて標的型攻撃の被害にあわないだろうか


FENCEが解決!

独自の暗号化・無害化技術でテレワークのセキュリティを担保する

卓越した暗号化、無害化、監査技術を組み合わせたセキュリティ対策で、紛失・盗難、マルウェアの侵入、端末の不正使用や情報の持ち出しを防ぎます。慣れ親しんだ作業環境はそのままに、社外での安全で快適な仕事環境を実現します。

独自の暗号化・無害化技術でテレワークのセキュリティを担保する

FENCEならこう守る!
テレワーク対策と対応するFENCE製品

マルウェアの侵入マルウェア感染

独自のメール無害化と、操作ログチェック、指定アプリ以外のアクセス制限などの多層防御が重要です。

端末の不正使用デバイス管理

離席時などの際、複数の認証システムによるPCロックで、他者による不正使用を防ぎます。

紛失・盗難資料の紛失・盗難脅威

持ち出したファイルを紛失しても、暗号化を維持します。また重要データの印刷を抑止します。

端末の紛失・盗難脅威紛失・盗難

社外に持ち出された業務用PCやスマートデバイスからの、情報流出や社内ネットワークへの侵入を防ぎます。

通信の盗聴情報漏えい

無線LANの制御と独自の暗号化技術で、通信中、あるいはネットワーク上のデータの盗聴、盗難を防ぎます。

内部不正・メール誤送信内部不正メール誤送信

社外から送信されたメールを自動で、個人情報が含まれるかのチェック・暗号化します。

デモ動画で解説!FENCEのテレワークセキュリティ対策

FENCEのセキュリティ対策がわかる動画ライブラリ

ご紹介資料請求

GTM-TGJ93T