GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

ファイル受け渡しを無害化・情報監査でセキュリティ強化
FUJITSU Security Solution FENCE-Works

ファイル無害化/監査 FENCE-Works [マルウェア感染] [紛失・盗難] [デバイス管理] [情報漏えい]

企業にとって情報漏えい対策は必要不可欠であり、ファイルの受け渡しに対しても企業内にて様々なセキュリティポリシーが制定されています。しかし実際には、現場の意識不足や運用負荷等の理由によりそのセキュリティポリシーが守られていないという問題がありました。
マルウェアの感染を防ぐため、ネットワーク分離環境下などでのセキュアなデータ持ち出し/持ち込み対策は、自治体の強靭化対策だけでなく今後ますます重要性が高まるでしょう。

ファイル受け渡しにこのようなお悩みはありませんか?

  • ネットワーク分離による強靭化対策はどこまでやれば安全なのか。
  • 標的型攻撃メールによりマルウェアに感染したらどうしよう
  • 内部不正による秘密情報の持ち出しはどう防げばよいのか


FENCEが解決!

FENCE-Worksのメールセキュリティ対策

「FENCE-Works」は、ファイルの受け渡しに関する申請、承認、ファイルの無害化、暗号化、持ち出し、持ち帰り、ログ管理までの一連の運用をシステム化。 運用負荷の軽減と、セキュリティポリシーに則った運用の徹底を実現します。

ご利用イメージ:ファイルの持ち出しを管理

ご要望

  • ある環境へのファイルの持ち出し・持ち込みを管理したい
  • ある環境へ持ち込むファイルを無害化したい
  • 個人情報が含まれるデータの持ち出しを防ぎたい

効果

  • データをある環境へ持ち出し・持ち込みする際は、上長などの第三者がチェックすることで、情報漏えいを防ぎます
  • ある環境へ持ち込むファイルを無害化し、マルウェアの感染を防ぎます
  • マイナンバーなどの個人情報が含まれるファイルを自動でチェックし、内部の不正を抑止します

メール無害化ソフト連携

FENCE-Mail For Gateway」または、「SYNCDOT SanitizeFilter」と連携し、メールに添付されたファイルを自動で分離し、FENCE-Worksに転送!メールと添付ファイルを無害化して取り込むことで標的型攻撃メールによるマルウェア感染を防ぎます!


メールと添付ファイルを無害化し、
メールの安全な運用を実現!

デバイス抑止ソフト連携

デバイス抑止ソフト*1との連携により、通常は外部デバイス(USB)への書き込みを禁止に設定。「FENCE-Works」で“承認されたファイルのみ”外部デバイス(USB)へファイルを書き込みを許可する安全な持ち出しを実現します。


外部デバイスへの安全な持ち出しを実現!

*1: SKYSEA Client View® (SKY株式会社)または、 FENCE-G (FENCEシリーズ)との連携が可能です。

デモ動画で解説!FENCE Works

FENCEのセキュリティ対策がわかる動画ライブラリ

関連情報

機能
動作環境
バージョンアップ情報
注意事項

「FENCE-Explorer」(無償)ダウンロード FENCE-Pro、FENCE-Mail及びFENCE-Worksで作成されたFENCEブリーフケース形式のファイル(.fpbx)を閲覧・編集するためのツールです。

ご紹介資料請求

GTM-TGJ93T