GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

FUJITSU Security Solution FENCE-SVP

様々なプラットフォームでの暗号化機能を全面支援

機能

機能概要

FENCE-SVPは、メモリ上に格納されているデータの暗号化/復号を行うためのライブラリです。データの秘匿などを必要とするシステム構築(ユーザーアプリケーション)を支援するものであり、暗号化に関する専門的知識がなくても使えるように数々のAPIで暗号化機能を提供しています。Windows® PC、Windows®サーバ、UNIXサーバ、スマートフォン、更にはメインフレーム/オフコンなど幅広く対応しています。

暗号方式

暗号方式 説明
バイナリ暗号 入力データをバイナリデータとして取り扱い、バイナリデータの暗号化データを出力します。
注:暗号アルゴリズムはAES(256bit)を採用しています。
文字コード暗号(SJIS) Shift-JISの入力データを暗号化し、Shift-JISの暗号化データを出力します。
文字コード暗号(EUC) EUCの入力データを暗号化し、EUCの暗号化データを出力します。

注:OS IV/MSPはバイナリ暗号のみ提供しています。

特長

  1. バイナリ暗号に加え文字コード暗号もサポート
    入力データをテキストデータとして暗号化できます。文字コードはSJISとEUCをサポート。テキストデータを文字単位で暗号化し、暗号結果も同じ文字コードのテキストデータとして出力されます。暗号化後処理においてデータサイズに影響を与えませんので、既存システムの仕様を変更することなく暗号化機能を導入できます。


    また、従来からのバイナリ暗号も対応しています。バイナリ暗号は、入力データ/出力データ共にバイナリデータとして扱い、業界標準の暗号方式AES(鍵長:256bit)を採用しています。
  2. 様々なプラットフォームに対応
    Windows®、Linux®、Solaris™、HP-UX、Android™、OS IV/MSPと幅広いプラットフォームに対応しているので、様々な業務システムに組み込んでの連携が可能です。
  3. FENCE-Proとの連携
    FENCE-Proの暗号データと互換性のある形式での暗号化が可能です。これにより、FENCE-SVPを用いたアプリケーションで作成された暗号データを、FENCE-Proが導入されているPCで読み取るなどの連携システムを構築できます。
  4. サンプルソースの充実
    各プラットフォーム/プログラミング言語向けに対応したサンプルソースが添付されており、開発者によるAPI習得に役立ちます。また、コンパイル済みのサンプルプログラムも添付されており、暗号化/復号の動作を簡単に確認できます。

動作環境

動作環境

FENCE-SVP(開発ツールキット、ランタイムライブラリ)の動作環境です。
プログラム言語は「C言語」「JAVA言語」をサポートしています。

OS プラット
フォーム
プログラミング
言語
JRE
Microsoft® Windows® NT 4.0 Workstation
Microsoft® Windows® 2000 Professional
Microsoft® Windows® NT 4.0 Server
Microsoft® Windows® 2000 Server
x86 C 未対応
Microsoft® Windows® XP
Microsoft® Windows Vista®
Microsoft® Windows Server® 2003
x86 C
Java
JRE 1.5(x86)
JRE 1.6(x86)
Microsoft® Windows Server® 2008 x86 JRE 1.5(x86)
JRE 1.6(x86)
x64 JRE 1.5
(x86/x64)
JRE 1.6
(x86/x64)
Microsoft® Windows® 7 x86 JRE 1.5(x86)
JRE 1.6(x86)
JRE 1.7(x86)
JRE 1.8(x86)
x64 JRE 1.5
(x86/x64)
JRE 1.6
(x86/x64)
JRE 1.7
(x86/x64)
JRE 1.8
(x86/x64)
Microsoft® Windows® 8
Microsoft® Windows® 8.1
Microsoft® Windows® 10
x86 JRE 1.7(x86)
JRE 1.8(x86)
x64 JRE 1.7
(x86/x64)
JRE 1.8
(x86/x64)
Microsoft® Windows Server® 2012
Microsoft® Windows Server® 2012 R2
Microsoft® Windows Server® 2016
x64 JRE 1.7
(x86/x64)
JRE 1.8
(x86/x64)
Red Hat® Enterprise Linux® 4
Red Hat® Enterprise Linux® 5
Red Hat® Enterprise Linux® 6
x86 JRE 1.5(x86)
JRE 1.6(x86)
x64 JRE 1.5(x64)
JRE 1.6(x64)
Red Hat® Enterprise Linux® 7 x64 JRE 1.7
(x86/x64)
JRE 1.8
(x86/x64)
Solaris™ 10 SPARC注1 JRE 1.5(32bit/64bit)
JRE 1.6(32bit/64bit)
HP-UX® 11i IA64,PA-RISC注1 JRE 1.5(32bit/64bit)
JRE 1.6(32bit/64bit)
Android™ - Java -
OS IV/MSP - COBOL85 -

注1:32bit、64bit向けのライブラリを提供しています。

注:同じ暗号方式であれば、異なるプラットフォームやプログラム言語間でもデータの互換性があります。なお、OS IV/MSPとその他OSとのやり取りについては留意点があります。詳細はお問い合わせ下さい。

注:FENCE-Proとの連携はWindows®/Linux®/Solaris™/HP-UXのみ対応しています。

ご利用イメージ

データベース上の個人情報を暗号化

業務データをデータベースへ保存する際に、個人情報のみ暗号化する事例をご紹介致します。文字コード暗号(SJIS)版/文字コード暗号(EUC)版をご使用頂くことで、同じ文字コードの暗号結果となり、特別な処理を必要としません。その為、データベースの構成を変更することなく特定箇所のみ暗号化することができます。

暗号鍵の定期的な変更運用

業務アプリケーションサーバとクライアント間で、通信経路上の個人情報のみ暗号化する事例をご紹介致します。パラメタファイルを用いることで、定期的に暗号鍵を変更できますので、セキュリティ強度が高まります。

FENCE-Proとの連携

センターサーバのFENCE-SVPを利用した業務プログラムは、暗号化した顧客情報を本社サーバの共有フォルダに保存します。FENCE-Proが導入されている本社では、業務プログラムと同じ暗号鍵を利用することでスムーズに顧客情報にアクセスできます。通信経路上で情報漏洩があった場合でも暗号化により重要な情報が保護されます。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T