GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 製品&サービス >
  3. FENCEシリーズ >
  4. FENCE-Mail For Gateway

FUJITSU Security Solution FENCE-Mail For Gateway

FENCE-Mailイメージメールセキュリティは、企業にとって大きな不安要素です。総務省から通達された「自治体情報システム強靱性向上モデル」の中でも高度なセキュリティ対策を求められています。
「FENCE-Mail For Gateway」を導入することで、メール送信時にメールは自動的に監査され、企業ルールに準じたメールのみ社外へ発信されます。 メールを一旦保留にすることで誤送信を防止し、メール本文や添付ファイルは自動的にパスワード付き暗号化形式に変換されます。 受信時は、メールの無害化が行われ、IPアドレス/URLの信頼性をチェックし、より安全なメールの受信を実現します。



情報漏洩事故の原因

情報漏えい事故の原因として「誤操作、管理ミス、紛失・置き忘れ」がインシデントの上位として上げられ、その中でも「誤操作」の割合は年々増加傾向です。
特にメール送信時のうっかりミス(誤送信)については、事前の送信先確認を行うと共に、添付ファイルについては暗号化などの対策実施が重要課題となっています。

メール誤送信に関する課題と対策

メール誤送信に関する対策

 

「FENCE-Explorer」(無償)ダウンロード

FENCE-Pro、FENCE-Mail For Gateway及びFENCE-Worksで作成されたFENCEブリーフケース形式のファイル(.fpbx)を閲覧・編集するためのツールです。

お問い合わせ

本製品のお問い合わせ

GTM-TGJ93T