GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

特長

 統合データベース思想 / リアルタイム原価管理

 内部統制対応支援

 情報の有効利用

 建設業特化型最新ERP

 その他機能

特長1 統合データベース思想 / リアルタイム原価管理

業務間データ連携機能

  • 工事受注登録、実行予算、発注、売上、入金まで関連する機能にデータが連携されます。
  • 二重入力を排除し、システムに投入するデータは最小限に抑えられ、効率的な業務を行うことが可能です。

原価情報と会計情報を即時に同時に更新

  • 業者請求書を伝票入力すると即時に原価データと財務情報に反映します。常に財務情報と原価データは一致した状態で管理されます。

特長2 内部統制対応支援

高度なセキュリティ設定

  • ユーザID単位に各画面、各帳票に対する権限(登録/修正・削除・参照・使用不可)を設定できます。
  • 参照、変更する対象データを各ユーザID毎に設定した権限部門によって制御することが可能です。

データ変更履歴保存機能

  • 会計情報(伝票データ)に加えて、受注情報(工事情報)、実行予算、注文書、取引先情報の登録、修正変更、削除の履歴が保存できます。

承認機能

  • 伝票データ・実行予算データの承認を実施することが可能です。
  • 承認対象伝票や申請部門別に承認ルートの設定が可能です。決裁金額等の条件で分岐可能な承認ルートも設定することができます。
  • 旅費・交通費、経費の申請精算承認、一見業者向けの支払処理の承認も可能です。

特長3 情報の有効利用

データ追跡ドリルダウン機能

  • 照会画面には、情報の追跡機能(ドリルダウン機能)があります。関連するデータへ追跡が可能で、集計データから明細データへ、明細データから一明細を選択することで、入力原票へ、データ追跡ができます。

照会画面カスタマイズ機能

  • データ照会画面には、表示するデータの表示項目、表示順、集計単位、データ明細行の昇順降順の選択など自由にレイアウトを修正することが出来ます。(列設定機能)。
  • ユーザID毎に列設定機能で定義したレイアウトに名前を付けて保存することができます。又、そのレイアウトを全社で共有することも可能です。
  • 汎用照会画面により、利用者が取得したいデータを自由に選択できます。データ項目の並び換え、表示順を任意に指定してデータの参照取得が可能です。(簡易データウェアハウス)。

表計算ソフト連携機能

  • データ照会画面には、画面表示したデータを表計算ソフトに連携する機能が標準装備されています。表示しているデータの一部をカーソルで範囲指定して、表計算ソフトに連携することも可能です。

特長4 建設業特化型最新ERP

進行基準対応

  • 工事進行基準に対応しており、原価比例法により対象期間の売上高を自動算出します。
  • 工事進行基準売上に使用する工事進捗率を、あらかじめ指定した原価要素の実行予算額と実績原価にて算出する事が可能です。例えば、材料費を除いた実行予算額と実績原価で工事進捗率を算出し、進行基準売上げを計上できます。また、期中に計上された未成原価を全額完成原価へ振り替えるのではなく、一部を未成原価に保留して進行基準売上(在庫調整機能)することもできます。(進捗率の算出は完成原価へ計上する原価を元に再計算が行われます。)
  • 消費税率改定についても考慮されています。売上額算出時に、異なる税率が混在していても税額の調整が可能です。

工事出来高管理機能

  • 月度ごとの工事進捗率を管理することができます。工事ごとに毎月予算消化率を参照しながら工事進捗率を入力し管理します。工事完成計上の指標としても使用できます。

発注依頼機能

  • 実行予算との連携で発注依頼書の作成が可能です。決裁用書類として発注伺書の出力も可能です。発注依頼を上位者が確認することで注文情報の作成が可能です。

出来高査定機能

  • 前回迄の出来高情報を確認しながら今回出来高情報の作成ができ、出来高調書の出力も可能です。登録された出来高情報については検収データとして伝票作成機能へ連携します。

兼業事業対応機能

  • 物品販売等、建設業とは異なる事業を兼業している場合、あらかじめ工事種類に応じた科目設定をしておくことで、建設業とは異なる売上科目と原価科目を計上することが可能です。

固定資産

  • 償却方法、償却率、定期点検情報など、きめ細やかな資産管理が可能です。
  • 特定の工事のみで使用する資産について、該当する工事情報を登録することで、償却費を直接工事原価に賦課する事が可能です。
  • リース資産の登録も可能で、リース会社への支払伝票の計上が可能です。又、ファイナンスリースの登録によって、償却費の計上も可能です。
  • 地方税、法人税申告用書類の出力が可能です。(償却資産申告書、別表16等)。
  • 資産登録にて除去費用の登録も可能です。資産除去債務を考慮した償却費、除去債務が計上できます。

配賦機能の充実

  • 共通費を各工事に配賦基準に基づき自動で配賦することが出来ます。
  • 部門費を各部門に人数・専有面積等で、按分、配賦することが出来ます。さらに、部門配賦された部門費を完成・未成の割合で工事に、按分し配賦することも可能です。

支払管理機能/預り金・ファクタリング支払・期日指定支払・でんさいNET対応

  • 業者支払における預り金(安全協力会費など)の徴収が可能です。業者ごと又は発注内容(原価要素)ごとに徴収の有無、預り金率の設定の制御が出来ます。
  • ファクタリング支払及び、期日指定支払に対応しています。
  • でんさいNETの取引先支払データを作成できます。(新機能)

特長5 その他機能

資金繰り対応

  • 将来のキャッシュフローを管理することができる機能です。
  • 入出金伝票起票時に現預金科目に資金コードを付加することで、資金コードごとの入出金実績を集計しており、予定と実績の管理を行うことができます。

労務費振替データ取込機能

  • 給与データや勤怠管理データから、各現場での稼動時間及び予定単価などを取込して、各工事に労務費を振替処理する予定配賦機能と、稼動割合から給与金額(指定した支給項目別)を配賦する実額配賦の機能を追加しました。CAP21以外の給与システムや勤怠システムからの取込も可能です。

連結決算補助機能

  • 連結決算用の資料として、連結関連会社との取引実績を科目別に集計する照会画面を用意しています。
GTM-TGJ93T