GTM-MML4VXJ
Skip to main content

English

Japan

  1. ホーム >
  2. 株主・投資家の皆様へ >
  3. よくあるご質問 >
  4. 富士通ビー・エス・シーについて

よくあるご質問

富士通ビー・エス・シーについて | 決算・業績について | 株式について

富士通ビー・エス・シーについて

  1. 会社の設立はいつですか
  2. どんな仕事をしている会社ですか
  3. 得意分野を教えてください
  4. 関係会社にはどのような会社がありますか
  5. 富士通のグループ会社との関係、役割分担はどのようになっていますか

Q 1. 会社の設立はいつですか
A 1963年11月、日産リース株式会社として設立しました。1969年10月に社名を日産コンピュータ株式会社と変更し本格的にソフトウェア開発をスタートさせました。

Q 2. どんな仕事をしている会社ですか
A システムインテグレーション企業として、社会のさまざまなフィールドにシステムを提供しています。
民間企業や官公庁、金融機関等、各業種にフィットした業務アプリケーションの開発、電子機器の制御を行うエンベデッドシステムの開発、各種ITサービスや汎用パッケージの開発・販売等を通じてお客様ビジネスを支援しています。

詳しくは、「事業内容」をご参照ください。

Q 3. 得意分野を教えてください
A 半世紀にわたって各種ソフトウェア開発に携わり、多くの業種、業務について豊富な技術とノウハウを蓄積しています。その中でも通信キャリア分野は、売上の1/3を占める重要分野です。また、スマートフォンやデジタルカメラ、自動車関連等に組み込まれ動作を制御するエンベデッドシステム分野や、情報セキュリティ分野についても高い技術を保有しています。 さらに、注目のスマートデバイス分野についても、専門部署を設置し、多彩なスキルを備えたエキスパートがお客様のニーズにきめ細かく対応し、高い評価をいただいています。

Q 4. 関係会社にはどのような会社がありますか
A 親会社
  • 富士通株式会社
連結子会社
  • <中国>北京思元軟件有限公司 (Beijing Brain Cell Software Corporation Limited 略称:BCL)

Q 5. 富士通のグループ会社との関係、役割分担はどのようになっていますか
A 富士通グループ会社の中には、特定の地域や業種に特化して事業を行っている会社もありますが、当社の場合は、業種や地域に制約はなく、全国規模でソフトウェア開発やソフトウェアサービスを提供しています。
中でも、通信キャリア向けシステム開発に多くの実績を持ち、スマートフォンやデジタルカメラ、自動車関連等を制御するエンベデッドシステムでも独自の地位を築いています。
富士通や富士通グループ会社と連携し、ひとつのシステムを作り上げることも多く、NTTドコモ様の事例 もそのひとつです。 平成26年3月期の富士通への売上は160億円(売上構成比:50.9%)、富士通グループへは64億円(同:20.5%)、一般顧客が90億円(同:28.7%)となっています。
GTM-TGJ93T