GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ライブラリー >
  4. このサイトについて >
  5. 富士通のウェブ・アクセシビリティ >
  6. JIS X 8341-3に対応したアクセシビリティ確保の取り組み

JIS X 8341-3に対応したアクセシビリティ確保の取り組み

2010年8月20日に、日本工業規格のウェブ・アクセシビリティに関する規格「JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針 - 情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス - 第3部:ウェブコンテンツ」の改正版(JIS X 8341-3:2010)が公示されました。この規格は、W3C (World Wide Web Consortium) の中の組織である WAI (Web Accessibility Initiative) によって策定された「WCAG (Web Content Accessibility Guidelines) 2.0」 と国際協調しており、「WCAG 2.0」が定めたウェブコンテンツの達成基準をそのまま「ウェブコンテンツに関する要件」として採用しております。

JIS X 8341-3に対するこれまでの取り組み

富士通はJIS X 8341-3及びその協調関係にあるWCAG 2.0に対していち早く下記の取り組みを行いました。

  1. JIS X 8341-3:2004公示以前の取り組み (2002年~)
    • WCAG 1.0を考慮した富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第1.0版を策定・公開(JIS X 8341-3:2004原案検討に活用)
    • 日本規格協会INSTACの原案作成ワーキンググループに参加
  2. JIS X 8341-3:2004に対する取り組み (2004年~)
    • JIS X 8341-3:2004を考慮した富士通ウェブ・アクセシビリティ指針 第2.0版の策定と公開
    • JIS X 8341-3:2004に基づいた診断が可能な富士通アクセシビリティ・アシスタンスの開発と無償公開
  3. JIS X 8341-3 改正のための取り組み (2008年~)
    • 日本規格協会INSTACの改正原案作成ワーキンググループに参加
  4. 富士通日本ポータルにおける取り組み (2009年~)
    • 富士通日本ポータル52ページに対し、WCAG 2.0に基づいた試験を実施
    • 試験結果をリニューアルサイトの制作及び「ウェブ制作ガイドライン」の改訂に反映
  5. 社内実践のための取り組み (2009年~)
    • 定期的なウェブ・アクセシビリティ情報共有会の開催
    • JIS X 8341-3:2010を正しく理解する勉強会の開催
    • イントラサイトでのJIS解説文書共有
    • 適合・不適合事例の共有
    • 診断ツールの開発
    • チェックリストの開発
  6. WAIC(ウェブアクセシビリティ基盤委員会)の各ワーキンググループに参加 (2010年~)
  7. ウェブアクセシビリティ推進協会の設立に参加 (2010年~)
    • 普及のためのセミナーの企画及び講師を担当

JIS X 8341-3:2010対応度表記ガイドラインに基づく対応度表明

富士通日本ポータルはサイト全体で一部準拠、また試験を実施した55ページのうち27ページについては準拠を確認しております。

「一部準拠」および「準拠」は情報通信アクセス協議会ウェブ・アクセシビリティ基盤委員会「ウェブコンテンツのJIS X 8341-3:2010 対応度表記ガイドライン 第1版 - 2010年8月20日」で定められた表記によります。
(URI http://www.ciaj.or.jp/access/web/docs/jis2010-compliance-guidelines/index.html)

アクセシビリティ方針

目標とする等級の達成基準の試験結果(ウェブページ一式単位)

目標としたウェブ・アクセシビリティ達成等級 AA
ウェブページ一式の範囲 http://jp.fujitsu.com/ 配下のすべてのページと https://www-s.fujitsu.com/jp/about/questionnaire.html
ウェブページの選択方法 JIS X 8341-3:2010の「8.1.2 ウェブページ一式単位」の「C)ランダムではない方法で選択する場合」に準じて選定
試験を行ったウェブページのURIリスト URIリスト
8.1.3に該当する例外事項 なし
依存したウェブコンテンツ技術 XHTML 1.0, CSS 2, JavaScript, Flash, PDF
達成基準チェックリスト 対象ページの達成基準チェックリスト
試験実施期間 2012年1月4日 ~ 1月31日
2012年3月5日 ~ 3月9日

追加表記事項

満たしていない達成基準とその理由

2012年3月に試験を実施した時点では満たすことができなかった達成基準が幾つか存在いたします。満たしていない達成基準とその理由を以下に記します。

非テキストコンテンツ(達成基準 7.1.1.1)
Flashコンテンツ内の画像オブジェクトにはNameプロパティにて代替テキストを記述しておりますが、スクリーンリーダー及び音声ブラウザで読み上げられません。これはFlashコンテンツとヘッダー部にあるAjaxを採用したメニューを併用した際に起こる不具合が原因です。富士通では、技術ベンダーに対して不具合の原因確認と解決法の提示を依頼しております。なお、Flashを無効とすることにより、Flashで提供しているコンテンツと同じ内容をHTMLで閲覧することができます。
また、代替テキストの記述内容が不適切だったものは、公開前のチェックが不十分であったことが原因です。今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化して対応してまいります。
情報及び関係性(達成基準 7.1.3.1)
一部のページで、文脈の切り替わる箇所を見出し要素でマークアップできていない部分がありました。これらについても公開前チェックが不十分であったことが原因です。今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化して対応してまいります。
最低限のコントラスト(達成基準 7.1.4.3)
一部の画像の文字色と背景色とのコントラスト比が不足していました。これらについても公開前チェックが不十分であったことが原因です。今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化して対応してまいります。
テキストのサイズ変更(達成基準 7.1.4.4)
Internet Explorer 6をお使いの場合には、ページ内のテキストを200%まで拡大することができません。本サイトのテキストを拡大して閲覧されたい方は、ズーム機能を搭載しているブラウザをご利用されること(Internet Explorerならば、Internet Explorer 7以上にバージョンアップされること)を推奨いたします。
キーボード操作(達成基準 7.2.1.1)
Flashコンテンツ上のボタンは、Internet Explorer以外のブラウザではキーボードだけで操作することができません。これはFlash Playerにおける既知の不具合であり、技術ベンダーによる不具合の解消後に再実装を検討いたします。なお、Flashを無効とすることにより、Flashで提供しているコンテンツと同じ内容をHTMLで表示し、キーボード操作でリンク先に移動することができます。
また、一部のページでJavaScriptを使っているためキーボードで操作ができない箇所がありました。これらについても公開前チェックが不十分であったことが原因です。今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化して対応してまいります。
調整可能な制限時間(達成基準 7.2.2.1)
富士通のウェブサーバはDoS対策としてフォームのセッションを3時間に制限しており、本達成基準を満たすことは出来ません。将来的には解除・延長などのメカニズムの実装を視野に入れて対応してまいります。
一時停止、停止、非表示(達成基準 7.2.2.2)
トップページには、自動的に開始し5秒より長く継続して動くFlashコンテンツがあり、ボタン上にマウスポインタを置くか、又はキーボード操作でフォーカスをボタンに移動させることによって一時停止させることができるようになっています。しかし、この操作方法では、一時停止の機能が明示的でなく、またフォーカスが外れると再生されてしまうという点で、WCAGワーキンググループから「一時停止、停止、非表示(達成基準 7.2.2.2)」を満たしているとはいえないと判断されました。今後はFlashコンテンツの改善のタイミングでの修正を検討してまいります。
文脈におけるリンクの目的(達成基準 7.2.4.4)
一部のページに、リンク先のURIの文字列をそのまま記述したリンクがあり、リンクのテキストだけからも、またプログラムが解釈可能な前後の文脈との組み合わせからも、そのリンクの目的を理解できるようになっていませんでした。これについても、今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化して対応してまいります。
部分的に用いられている言語(達成基準 7.3.1.2)
検索結果ページのヘッダー部分に表示される "Japan" の英語の文字列に、誤って lang="en" ではなく lang="ja"が指定されており、lang属性値が適切ではありませんでした。機能改善のタイミングにあわせて修正してまいります。
構文解析(達成基準 7.4.1.1)
一部のページにおいて、終了タグの記述忘れミスがありました。これについても公開前チェックが不十分であったことが原因です。今後は実装に関する社内ガイドラインを整備、文書化し、公開前のチェック工程の徹底を図ることで対応してまいります。
音声・映像における問題点と今後の対応
音声・映像につきましては、Flashを使用して提供していますが、Flashの実装方法に関する情報が不十分であり、適切な対応ができておりませんでした。2012年5月15日にWAIC(ウェブアクセシビリティ基盤委員会)のウェブサイトにて、Flash実装方法集の日本語訳が公開されましたので、今後はその情報を参考にしながら対応していく予定です。
音声・映像で満たすことのできなかった達成基準
  • 非テキストコンテンツ(達成基準 7.1.1.1)
  • 収録済の映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイド(達成基準 7.1.2.3)
  • 収録済の映像コンテンツの音声ガイド(達成基準 7.1.2.5)
  • キーボード操作(達成基準 7.2.1.1)
  • 構文解析(達成基準 7.4.1.1)
  • プログラムが解釈可能な識別名・役割及び設定可能な値(達成基準 7.4.1.2)
PDFファイルにおける問題点と今後の対応
PDFファイルにつきましては、PDFの実装方法に関する情報がやはり不十分であり、適切な対応ができておりませんでした。2012年5月15日にWAIC(ウェブアクセシビリティ基盤委員会)のウェブサイトにて、PDF実装方法集の日本語訳が公開されましたので、今後はその情報を参考にしながら対応していく予定です。
PDFファイルで満たすことのできなかった達成基準
  • 非テキストコンテンツ(達成基準 7.1.1.1)
  • 情報及び関係性(達成基準 7.1.3.1)
  • 意味のある順序(達成基準 7.1.3.2)
  • 最低限のコントラスト(達成基準 7.1.4.3)
  • キーボード操作(達成基準 7.2.1.1)
  • 文脈におけるリンクの目的(達成基準 7.2.4.4)
  • 視覚的に認識可能なフォーカス(達成基準 7.2.4.7)
  • ページの言語(達成基準 7.3.1.1)

準拠に向けたスケジュール

富士通は今後も継続してJIS X 8341-3:2010を「ウェブ制作ガイドライン」に取り込みながら、ウェブサイトのリニューアルを進めます。今回の結果を今後のサイト制作、運用に反映し、定期的に試験の実施と改善をおこなってまいります。