GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ライブラリー >
  4. 導入事例 >
  5. 株式会社大京 様

株式会社大京 様

株式会社大京 様 ロゴ 株式会社大京 様

仮想デスクトップ環境の刷新により生産性を向上
残業時間の短縮だけでなくシステム運用工数を大幅に低減

大京では、自社で構築していたVDI(Virtual Desktop Infrastructure)の老朽化にともない、「FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス V-DaaS」を導入。大幅な性能向上により現場でも快適に社内と同様の業務が可能となり、残業時間が約3割減少。運用工数も90%以上低減し、同社のテレワーク、働き方改革の推進に貢献している。

課題と効果

  • 老朽化してレスポンスの悪くなったVDI環境を刷新したい
    性能や拡張性・柔軟性に優れたV-DaaSを採用
  • 現場でのPC作業範囲をさらに拡大し生産性を向上させたい
    高性能なVDIでPC活用が加速し残業時間3割削減を見込む
  • 手間の掛かっていたVDI環境の運用工数を削減したい
    24時間365日のサポートにより運用工数が90%以上低減

背景

現場で社内と同様の業務を行うため
2013年からVDIを営業部門で活用

大京は1964年の設立以来、全国主要都市において「ライオンズマンション」などの不動産開発、不動産販売を行ってきた。現在は、不動産開発・販売にとどまらず、建物の維持管理をはじめ、賃貸管理、リフォーム、再開発・建て替え事業などをさらに推進し、ワンストップサービス体制で顧客のライフサイクルをサポートする企業グループを形成している。

「不動産開発にとどまらず、今あるものを大事に守り、そこから新しいビジネスを生み出していくことに注力しています」と同社 グループ情報システム部 部長の中村 謙二氏は話す。

 

日本全国でマンション、建物を管理している同社グループでは、以前よりマンション管理や不動産仲介などのフロント営業部門で、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)を導入している。その狙いについて中村氏は、「社員ができるだけお客さまにお会いする、つまり、現場に行っている時間を長くすることが大切で、それが仕事の生産性向上に繋がり、結果的には収益にも繋がると考えています。現場でも社内と同様に業務ができるように、セキュリティにも充分考慮してVDIを導入しました」と語る。

  • 株式会社大京
    グループ情報システム部
    部長
    中村 謙二 氏

  • 株式会社大京
    グループ情報システム部
    システム運用課
    久保寺 昌幸 氏

経緯

老朽化による性能不足と
VDI環境の運用負荷が課題に

従来導入していたVDIはオンプレミスのシステム上に構築したもので、長く利用を続けてきたことにより、性能劣化やキャパシティ不足、運用負荷の増大といった課題が発生していた。同社グループ情報システム部 システム運用課の久保寺 昌幸氏は、「システムが老朽化し、レスポンス低下など性能が追い付かなくなってきており、社員からも改善の要望が多く上がっていました。チューニングを繰り返してきましたがもう限界でした」と語る。さらに、「現在のハードウェアではこれ以上ユーザーを追加できない状態でした」とも話す。

加えて運用面の課題も大きく、OSおよびアプリケーションのアップデートやパッチ適用などの作業に時間がかかったり、上手くいかない場合があり、運用負荷も増大していた。久保寺氏は、「社員からの問い合せも日々ありますので、その手間は相当なものでした」と言う。

そこで、新たなVDIを導入することを決定し、性能や導入・運用のコスト、拡張性などを要件に検討が行われた。久保寺氏は、「性能やコストはもちろんですが、営業部門は土日が休みではないので、24時間365日のサポートを実現できるソリューションを求めていました」と語る。

導入のポイントなど、続きはこちらからご覧いただけます

資料をダウンロード

関連する商品・サービス・ソリューション
FUJITSU Managed Infrastructure Service 仮想デスクトップサービス V-DaaS
関連リンク
ワークスタイル変革
  
株式会社大京 様
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷4-24-13 千駄ヶ谷第21大京ビル
創業 1964年12月11日
ホームページ http://www.daikyo.co.jp/ Open a new window
概要 「日本のまちに、活力を。」をスローガンに、不動産開発・不動産管理・不動産仲介・工事のグループ一体体制で顧客のライフサイクルをサポートする。建物を長く大切に使い、環境負荷を軽減させるストック型社会の実現に向け、不動産ソリューションで社会課題の解決を図り、住生活環境の向上と社会・経済の発展に貢献する企業グループを目指す。

[2018年1月掲載]

富士通コンタクトライン(総合窓口)
0120-933-200(通話料無料)
受付時間 9時~17時30分
(土曜・日曜・祝日・当社指定の休業日を除く)
-
138-BFF-042