GTM-MML4VXJ
Skip to main content

コース紹介

富士通レディース2016

東急セブンハンドレッドクラブ(西コース)

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT
YARDS 542 377 391 164 363 390 500 193 356 3,276
PAR 5 4 4 3 4 4 5 3 4 36
10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN TOTAL
533 405 402 160 381 374 515/488 186 403 3,359 6,635
5 4 4 3 4 4 5 3 4 36 72

※ナンバーをクリックすると、各ホールの紹介にジャンプします。


1st:542y Par5

1st

まっすぐに打ち下ろしていくパー5。
3打目地点が狭くなっているため、セカンドショットの正確性が重要となる。確実にバーディで、スタートダッシュを決めたい。


2nd:377y Par4

2nd

左ドッグレッグのパー4。
左サイドを越えて行けば残りはショートアイアンの距離だが、ティショットが右へずれると、クロスバンカーや深いラフにつかまり、距離も残る。
正確なドライバーショットが要求されるホールである。


3rd:391y Par4

3rd

右ドッグレッグのパー4。
ティショットの狙い目が、重要なホール。
グリーン左サイドには、ガードバンカーが多く配置されており、そこを避けてグリーンを狙いたい。


4th:164y Par3

4th

打ち下ろしのパー3。
距離は比較的短いが、グリーンが大きく、奥行きがないので、確実にグリーンを捉えたい。


5th:363y Par4

5th

まっすぐのホールであるが、左サイドのOBラインが浅いので注意が必要。
ティショットをフェアウェイに置ければ、ショートアイアンの距離でグリーンを狙える。
ピンの位置によっては、距離感が微妙になるので要注意。


6th:390y Par4

6th

フェアウェイが2段になっているパー4。
ティショットは確実にフェアウェイの右サイドの段を狙いたい。グリーンのアンジュレーションがきついのも特徴で、ピンポジションにより、大きく狙いが変わる。


7th:500y Par5

7th

ティから220y地点までは平坦であるが、そこから急激に打ち下ろしていくパー5。
ティショットが完璧であれば、下り傾斜を下り、2オンも可能。
バーディは取っておきたいホール。


8th:193y Par3

8th

距離のあるパー3。
グリーン手前には、多くのバンカーが待ち受けるホール。横に長いグリーンは、正確なロングアイアン又は、ユーティリティクラブでのショットが要求される。


9th:356y Par4

9th

シビアにピンを狙っていきたいホール。
右サイドのクロスバンカーを避ければ、ショートアイアンの距離でグリーンを狙うことになる。


10th:533y Par5

10th

スタートの1番ホールと平行に並ぶパー5。
正面に見えるクロスバンカーを目指してティショットをしていきたい。
ロングヒッターは、2オンも可能なホール。
ここも確実にバーディを取りたいホール。


11th:405y Par4

11th

距離が長く、右へドッグレッグしたパー4。
右サイドのラフは厳しいので、フェアウェイを確実に捉えたい。
グリーン左サイドは傾斜になっており、ピンまでの距離を確実に打つことが重要。


12th:402y Par4

12th

左ドッグレッグの難易度の高いパー4。
ティショットのランディングエリアは狭く要注意。セカンドからは、少し打ち上げになるので、距離感を大事にしたいホールである。


13th:160y Par3

13th

打ち下ろしのパー3。
グリーンとティの間に大きな池があり、池の上を舞う風をどう読むかが大きな鍵となる。
グリーンは小さな2段グリーンとなっており、風の読みと距離感を出したいホールである。


14th:381y Par4

14th

ティグランドからは打ち下ろしになるが、セカンドからは打ち上げのパー4。
グリーンの左サイドは、傾斜になっており、ここもピンまでの距離を確実に打つことが大事になる。


15th:374y Par4

15th

フェアウェイ右サイドにクロスバンカーが、よりショットの精度が求められることとなり、終盤のキーホールとなりそうだ。


16th:515y/488y Par5

16th

セカンド地点から左へドッグレッグするパー5。
前方の488ヤードのティを使用すると2オンも可能となる。
優勝には、絶対にバーディを取りたい、終盤のキーホール。


17th:186y Par3

17th

距離の長い、やや打ち下ろしのパー3。
グリーンは奥行きがあり、ピンの位置によっては、クラブ選択を悩ませることになる。
グリーン右のガードバンカーは、深く距離もあるので避けたい。
しかし、左サイドもラフが深く、注意が必要。
無理にバーディを狙うより、確実にパーセーブが必要。


18th:403y Par4

18th

数々のドラマを生んできた最終ホール。
フェアウェイが左右2段になっており、正確に右サイドのフェアウェイを捉えることが重要。
セカンド地点からは、打ち上げとなりグリーン面が見えず、名物のガードバンカーと相まって、難度の高いホールである。