GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. ライブラリー >
  4. 広告宣伝 >
  5. 広告情報 >
  6. 企業広告「共に挑む」篇

企業広告「共に挑む」篇

 

あなたのことを信じる人がいる。
栄冠を目指して努力するアスリートたちには、多くの支えてくれる人がいる。
私たち富士通もまた、豊かで夢のある未来に向かって、挑戦する人と共に挑み続けます。

 

あなたのことを信じる人がいる。
栄冠を目指して努力するアスリートたちには、多くの支えてくれる人がいる。
私たち富士通もまた、豊かで夢のある未来に向かって、挑戦する人と共に挑み続けます。

CM情報

・CMタイトル 「共に挑む」篇
・曲名 CMオリジナル楽曲
・作曲 内山肇(うちやま はじめ)
・演奏 ヴァイオリン 真部 裕(まなべ ゆう)
ヴィオラ 真部 裕(まなべ ゆう)
チェロ 遠藤 益民(えんどう ますたみ)
ドラム 江口 信夫(えぐち のぶお)
・監督 竹本 よしひろ(たけもと よしひろ)
・カメラマン 田中 智仁(たなか ともひと)
・出演者 小川 梨花(おがわ りか) 【アスリート(陸上競技)役】
山本 豪(やまもと たけし) 【コーチ(陸上競技)役】
奥山 一輝(おくやま かずき) 【アスリート(車いすテニス)役】
黒野 龍太(くろの りょうた) 【コーチ(車いすテニス)役】
・ナレーター 伊藤 洋三郎(いとう ようざぶろう)
・ロケ地 テニスコート「吉田記念テニス研修センター」(千葉県柏市)
陸上競技場「鴻巣市陸上競技場」(埼玉県鴻巣市)

 

(写真)撮影エピソード1
(写真)撮影エピソード2
(写真)撮影エピソード3
(写真)撮影エピソード4
(写真)撮影エピソード5
(写真)撮影エピソード6
(写真)撮影エピソード7

今回のCMは、2つの競技の選手とコーチの関係に焦点をあてた作品になっています。

まず最初の競技は、車いすテニス。ツーバウンドでの返球が認められていることを除いては、一般のテニスと同じルールで行われるスポーツです。パラリンピックでは1992年のバルセロナからの正式競技になっており、国枝慎吾選手、上地結衣選手をはじめとして、数多くのトッププレーヤーが世界で活躍していることでも知られています。

撮影場所は、千葉県の吉田記念テニス研修センター。選手役を演じてもらったのは奥山一輝さん。小学6年生から車いすテニスを始めた現役のプレーヤーです。普段の明るい表情とは打って変わって、プレー中の表情は真剣そのもの。サイド際のボールに必死に追いつこうとするシーンの撮影では、実際にも奥山さんのコーチである黒野龍太さんとの実戦さながらのハードなやりとりが繰り広げられました。黒野さんと奥山さんの素敵な師弟関係がCMの見どころのひとつです。

もう一つは陸上競技。とりわけ、トラック競技はオリンピックの中でも花形競技の1つ。撮影は、埼玉県にある陸上競技場をお借りして行われました。選手役を演じた小川梨花さんは2014年の日本インカレで 4×100mリレー(小川さんは第1走者) で優勝するなど、トップレベルの実力の持ち主。そして、コーチ役は山本豪さん。大学、実業団時代は陸上長距離の選手、現在は指導者として活躍しています。指導中の厳しい顔つきと大会当日に見せる優しい表情のギャップの演技にご注目ください。サブコーチ役の竹下雅之さん、チームメイトやライバルのアスリート役の方々も、全員が実際の陸上競技選手。本物ならではのランニングシーンが撮影できました。

アスリートが栄光を掴むためには、目標に向かって突き進む自身の努力が大切ですが、それを支える周りの人たちのサポートも不可欠といえます。共に挑戦する人がいてこそ、未来を築いていける。それぞれの立場で共に挑む人たちのリアルな物語をお楽しみください。


1. あなたのことを信じる人がいる。1. あなたのことを信じる人がいる。

(イメージ)あなたのことを信じる人がいる。

前人未到の記録に挑むアスリートたち。しかし、それは本人の努力だけで成し得るものではありません。そこにはチームスタッフや仲間、家族などの支えあり、共に競い合うライバルがいます。アスリートに共感し、エールを送る人々がいます。そんな全ての人の想いがつながり、ひとつの大きなパワーとなるとき、栄光は築かれていくものだと思います。

その大きな喜びや感動を分かち合えることがスポーツの素晴らしさです。スポーツには、このように様々な観点からの人々が関わり、ドラマがそこには存在します。


2. 共に挑み、明日を切り拓く。 2. 共に挑み、明日を切り拓く。

(イメージ)共に挑み、明日を切り拓く。

アスリートを支えるコーチやスタッフのように、私たち富士通もまた、常に挑戦する人と共に挑み続けます。挑戦者が最高のパフォーマンスを発揮し、その夢をかたちにしていくと共に、私たち富士通も常に変革に挑戦しつづけていきます。
富士通のテクノロジーは、ビジネスだけでなく社会インフラの一部として、日々の暮らしに欠かせないものとなっており、そのフィールドは医療、農業、交通などさまざまな分野に拡がっています。富士通は、お客様とのパートナーシップを大切にし、「共に考え、共に挑戦し、共に成長」していくことで社会のさまざまな課題解決に貢献し、豊かで夢のある未来を実現していきたいと考えています。

私たちのブランドプロミス「shaping tomorrow with you」には、このような想いが込められています。


3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会「ゴールドパートナー」。 3. 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会「ゴールドパートナー」。

FUJITSU JOP・JCP/東京2020 ゴールドパートナー(データセンター)

オリンピック・パラリンピックは世界中の人・情報・インフラが密に交わり、大きなイノベーションを起こす場所です。富士通は過去の大会を含め、多くのスポーツ選手を輩出してきました。東京2020に向けて、引き続き選手育成に貢献するとともに、国内最高水準のゴールドパートナー(データセンター)として、競技運営に必要なアプリケーションやデータを扱うためのサーバ、ストレージやサービスなどを通じ、安全で、確実な大会運営をサポートしていきます。

 

上記CMは、こちらの提供番組内で放映しています。
提供番組一覧