GTM-MML4VXJ
Skip to main content

リフォーム篇

リフォーム篇 [暮らし]&ICT

この街の人の暮らしをよりよいものに。

「街の人の暮らしをより良いものに」。ガス会社で働く社員の想いに、富士通のICTが結びつきました。一見何の変哲もないデータが、新しい幸せへとつながっていきます。

関連サービス・ソリューション:ビッグデータ利活用Open a new window

リフォーム篇 [暮らし]&ICT

この街の人の暮らしをよりよいものに。

「街の人の暮らしをより良いものに」。ガス会社で働く社員の想いに、富士通のICTが結びつきました。一見何の変哲もないデータが、新しい幸せへとつながっていきます。

関連サービス・ソリューション:ビッグデータ利活用Open a new window

リフォーム篇 [暮らし]&ICT

この街の人の暮らしをよりよいものに。

「街の人の暮らしをより良いものに」。ガス会社で働く社員の想いに、富士通のICTが結びつきました。一見何の変哲もないデータが、新しい幸せへとつながっていきます。

関連サービス・ソリューション:ビッグデータ利活用Open a new window

CM情報


・CMタイトル 「リフォーム」篇
・曲名 CMオリジナル楽曲
・作曲 森空青(もりそらお)
・演奏 森空青(もりそらお)
・監督 高崎 健太(たかさき けんた)
・カメラマン 伊藤 仁(いとう じん)
・出演者 高杉 勇次(たかすぎ ゆうじ) 【富士通社員役】
中野 順一郎(なかの じゅんいろう) 【ガス社員役】
川口 なつ子(かわぐち なつこ) 【おばあちゃん】
三木 謙二(みき けんじ) 【おじいちゃん】
浜田 順子(はまだ じゅんこ) 【ママ】
安藤 広朗(あんどう ひろあき) 【パパ】
濱田 佳乃香(はまだ かのか) 【孫姉】
内田 吏音(うちだ りおん) 【孫弟】
佐久間 華音(さくま かのん) 【小学生女の子】
森田 真子(もりた まこ) 【洗顔女子高生】
・ナレーター 伊藤 洋三郎(いとう ようざぶろう)
・ロケ地 港街 (千葉県銚子市)
リフォーム前の家 (千葉県銚子市)
リフォーム後の家 (千葉県市原市)
オフィス「オフィス新宿スタジオ」 (新宿区西新宿)

撮影風景1 撮影風景2 撮影風景3 撮影風景4 撮影風景5

TVCMシリーズ「人はICTと、何をかなえるだろう。」
今回のテーマは「暮らし」。

ガス会社の社員がタブレット片手に歩く港、海からゆっくりと続く坂道、三世代があつまる縁側など、いつかどこかで見たような誰もが懐かしさを感じる港町のシーンは、千葉県の銚子で撮影されました。

実はロケ当日には、外川の港では地元のお祭りの開催が予定されていました。一時は曇り空が広がりましたが、日が昇るにつれ空模様は回復。結果、お祭りも無事に開催され、撮影も滞りなく進行できました。まるで、そこで暮らす方々の活気が太陽を運んできてくれたかのようでした。

様々なシーンを短時間で移動していく大変な撮影となりましたが、街のみなさんがほんとうに撮影に協力的で、そして興味津々の様子でした。まるで撮影スタッフのように機材を覗き込み、カメラマンの会話に耳をかたむける男の子、急なお願いにもかかわらず快くエキストラ出演をしてくれたみなさん、そこに暮らす「人」もとても印象的なロケでした。

街と人のあたたかい空気感まで感じるようなシーンの数々、ぜひごらんください。


1.「この街の人の暮らしをより良いものに」

「この街の人の暮らしをより良いものに」の画像3世代での暮らしがちょうど手狭に感じ始めた頃、タイミングよくリフォームプランを提案しに来たガス会社の社員。たまたまタイミングがよかったのでしょうか?実はこれ、偶然ではないのです。その裏には、「ガスを売るだけじゃなくて、豊かな暮らしを届けたい」というガス会社の強い想いと、想いに寄り添う富士通のICTがありました。
それまではガス会社の営業マンが街を巡回し、お客さまと会話する中でリフォームのニーズを把握していました。しかしそれだけでは潜在的なニーズまでは探れません。「そろそろリフォームが必要になる――」そんな本人たちでさえ気づかないような、声なき声をキャッチするきっかけとなったのは、“ビッグデータ”でした。


2.データの向こうに、人の暮らしが見えてくる。

データの向こうに、人の暮らしが見えてくる。の画像ガス会社と富士通のプロジェクトチームは、ビッグデータを活用し、リフォームのニーズをより精緻に把握していくことを目指しました。まずは人の頭脳を使って、さまざまな観点から課題を抽出。たとえばワークショップを行い、どのようにデータを活用できるかについての仮説立案などを行いました。そこで注目したのは、「ガスの使用量」。ガス会社側からすればあまりにありふれた、見慣れたデータです。「いったいそこから何がわかるんだろう」――当初はそんな声もありました。
チームは、この「ガスの使用量」などから、顧客をいくつかのセグメントに分類。どのようなガスの使い方をする顧客にリフォームのニーズがあるのかを分析したのです。そこにマーケティングデータを掛け合わせ、見積もり提出率が高い顧客はどんな人たちか、つまりリフォームニーズの高い顧客像を推測。この顧客像に近いご家庭にリフォームを提案すれば、喜ばれる確率は高くなります。お客さまからすれば、必要なタイミングで、求めていたリフォームプランが届くようになる。ガス会社は、豊かな暮らしを届けたいという想いを実現できる。喜びの声は、双方向に広がりました。


3.データ分析とは、人が人を想うこと。

データ分析とは、人が人を想うこと。の画像データから何を見るのか。大切なのはその分析力だと富士通は考えます。データ分析とは、言い換えれば、「人が人を想うこと」。データは、それだけではただの数字でしかありません。そこに人の視点が加わることで、初めて新たな景色が見えてきます。成熟期に入ったと言われて久しい日本経済。それでも、ビッグデータと人の力が合わさることで、さらなる成長の可能性が開かれていきます。ICTによって人と企業の力が引き出され、そのポテンシャルが十分に発揮されることで、人々の暮らしはより豊かなものになっていくでしょう。

「この街の人の暮らしをより良いものにしたい」。
ガス会社の社員はICTと、そんな想いをかなえました。


  

その他のCMはこちら

かわさきアプリ篇
[子育て]&ICT
この街の子育てに、
大きな安心を。
[子育て]&ICT

情報が必要な人に、必要な情報を届けたい。富士通のICTは、川崎市の子育てに関する情報を確実に、タイムリーに届けることを可能にしました。

交通・道路データサービス篇
[交通]&ICT
快適な道路を通じて、
幸せな時間を届けたい。
[交通]&ICT

都市部の渋滞対策に富士通のICT。全国を走る約8万台の商用車からクラウド上に収集された走行データを分析することで、快適な道づくりを支えます。

TechShop篇
[モノづくり]&ICT
日本のモノづくりに
イノベーションを。
[モノづくり]&ICT

誰もが自由にアイデアをカタチに-。富士通は『TechShop Tokyo』の運営を通じて、あらゆる人がイノベーションを創出できる環境を提供します。

IT創薬篇
[医療]&ICT
治らないといわれている
病気が治る日まで。
[医療]&ICT

約3万分の1。この数字は、新しい薬が開発される確率。富士通はさまざまな研究機関と共同で、「IT創薬」に取り組んでいます。

太陽光発電篇
[エネルギー]&ICT
地球環境にやさしい、
持続可能な社会を目指して。
[エネルギー]&ICT

レオパレス21様による賃貸住宅の屋根借り太陽光発電事業。そこで生まれた再生可能エネルギーを富士通のICTが見守り続けています。

ワークスタイル変革篇
[働き方]&ICT
一人ひとりの
理想の働き方を実現したい。
[働き方]&ICT

多様なライフスタイルに応えることができる、新しい働き方を。そんな、三井化学様の想いにICTを活用した富士通の「ワークスタイル変革」が応えます。

獺祭篇
[食]&ICT
おいしいSAKEを
世界に届けたい。
[食]&ICT

世界中で愛されている山口県の地酒「獺祭(だっさい)」は、その人気故に原料米が不足。 「幻の酒にしたくない」。その想いに応えたのは、米農家の方々と富士通のICTでした。

見守りサービス篇
[安心・安全]&ICT
離れて暮らす
大切な人を守りたい。
[安心・安全]&ICT

「離れて暮らす母を見守っていたい」。そんな想いに、富士通のICTが応えます。ご家族のように日々の生活をやさしく見守るまなざしが、親子の関係にも変化をもたらします。

 

上記CMは、こちらの提供番組内で放映しています。
提供番組一覧