GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 環境活動 >
  4. 自らの事業活動における環境負荷低減 >
  5. お取引先におけるCO2排出量削減の取り組み推進

お取引先におけるCO2排出量削減の取り組み推進

富士通グループのアプローチ

富士通グループでは、地球温暖化抑制のため、自社の排出量削減に加え、グリーン調達活動の1つとして、お取引先にCO2排出量削減活動の実施を継続的にお願いしています。その結果、主要なお取引先すべてにおいて、CO2排出量削減活動が実施されるようになりました。

そこで2016年度からは、お取引先への取り組み依頼に、自社のお取引先(富士通グループから見た2次お取引先)への働きかけ実施を盛り込み、サプライチェーン上流に活動を展開しています。

サプライチェーン全体で活動に取り組むことで、より大きな削減効果(シナジー)が得られ、またサプライチェーンを通じて、国境を越えて、より広範囲に活動の輪が広がることが期待できます。富士通グループはこうした取り組みを通じて、来るべき脱炭素社会の実現に貢献していきたいと考えています。

2016年度の実績・成果

2016年度の実績サマリー

2次お取引先への活動展開を要請・支援

調達額の98%以上を占める主要お取引先すべてに対し、CO2排出量削減活動の実施と自社のお取引先(2次お取引先)への活動展開を富士通グループの要請としてお伝えしました。また、独自の環境調査票でお取引先の活動状況を確認しました。調査にご協力いただいたお取引先には、今後の活動の参考としていただけるよう、お取引先の回答を分析した活動傾向をレポートとしてフィードバックし、さらなる活動の推進と、自社お取引先への活動展開を依頼しました。

2016年度末の時点では、自社のお取引先に活動を依頼していただいたお取引先は15%に満たないものの、活動実施を依頼された2次お取引先は合計で37,000社以上に上っており、大きな啓発効果が期待できます。

今後は、お取引先にサプライチェーンで活動に取り組むことの重要性について、独自の説明資料提供などで一層ご理解いただくとともに、より多くのお取引先にご協力いただくことを目指します。

CO2排出量削減活動の2次お取引先展開状況

お取引先向け説明資料