GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 環境活動 >
  4. 自らの事業活動における環境負荷低減

自らの事業活動における環境負荷低減

富士通のビジネスにおける環境負荷を減らす

富士通グループは、グローバルICT企業として、自らの事業活動における環境負荷削減に取り組んでいます。

私たちの事業活動は、工場、オフィス、データセンターなどの様々な拠点で、また調達や物流のネットワークを通して行われています。世界100か国以上に拠点を持ち、約17万人の従業員を抱えている富士通グループは、事業活動そのものが、環境に大きなインパクトを与える可能性があります。

そのため、各拠点での活動に加え、調達プロセスに高い環境基準を設定し、サプライチェーン全体で取り組むことで、富士通グループの事業活動による環境影響を最小化するよう、継続した取り組みを実施しています。

工場、オフィス、データセンターでの取り組み

事業活動で使用する材料やエネルギー使用量の削減や、事業活動に伴って発生する化学物質や廃棄物、大気汚染物質の排出量の削減と、製造コストの最小化活動に取り組んでいます。

グリーン調達

グローバル調達体制によるグリーン調達をお取引先とともに推進しています。

物流における環境配慮

グローバルにサプライチェーン全体を見据えた物流の合理化・効率化を推進し、物流に伴う輸送CO2排出量の削減を推進しています。

GTM-NPL52N