GTM-MML4VXJ
Skip to main content

CSR基本方針および推進体制

経営と一体になったCSR活動を推進するために

執行役員常務 安井 三也執行役員常務
安井 三也

2010年12月、富士通グループは「CSR基本方針」を制定し、その実践にあたって優先的に取り組むべき「5つの重要課題」を設定しました。

富士通グループは、この「CSR基本方針」に基づいた「5つの重要課題」に取り組んでいくことで、ステークホルダー注1の皆様の様々な要請や期待に一層力強く応えていくとともに、地球と社会の持続的な発展に大きな貢献を果たす真のグローバルICT企業を目指します。

この重要課題については、2020年を達成年度とした中期目標を掲げ、「CSRボード会議」および「CSR推進委員会」における定期的なレビューを通じて、着実に取り組みを前進させています。

富士通グループでは、社会的責任の国際規格であるIS026000の枠組みを活用し、グループ企業に対する年次調査を起点とするPDCAサイクルを運用しています。

今後も、これらの進捗状況を社内外に開示、共有しながら、経営と一体となったCSR活動を推進していきます。

(注1)富士通グループのステークホルダー:
富士通グループは、「お客様」「社員」「お取引先」「株主・投資家」「国際社会・地域社会」をステークホルダーとしています。また、特に「政府」「NPO」「NGO」なども「国際社会・地域社会」の中の重要なステークホルダーと考えています。

CSR基本方針

富士通グループのCSRは、FUJITSU Wayの実践です。すべての事業活動において、マルチステークホルダーの期待と要請を踏まえFUJITSU Wayを実践することにより、地球と社会の持続可能な発展に貢献します。CSRの実践にあたっては、下記の5つの課題に重点的に取り組みます。これら課題への対応を通じて、グローバルICT企業として責任ある経営を推進します。

CSRの重要課題

富士通グループでは、2012年にCSR推進委員会に設置された基本戦略ワーキンググループにて、グローバルなCSR規範や社会課題を認識したうえで当社への期待と要請について外部有識者よりヒアリングを行い、CSR基本方針の「5つの重要課題」を制定致しました。

5つの重要課題の図

2016年度はその改版に向け、ビジネス環境の変化や最新の国際的なサステナビリティ動向から作成した課題リストをもとに社内アンケート(本部長以上)を行い、グループ共通課題を抽出。あわせて外部有識者との意見交換から改めて当社への期待と要請を把握し、社内・社外双方の視点を踏まえた重要分野の特定を行いました。

今後は重要課題としての最終化ならびにグループ全体での統一化と、企業価値向上に向けて実効性のあるKPIの選定に取り組んでいきます。

マテリアリティマップ
拡大する (100 KB)

CSR推進体制

グローバルなCSRガバナンス体制の強化

2015年4月より富士通グループのグローバルなCSR活動を推進・浸透するためにガバナンス体制を強化しています。具体的には、世界4拠点(注2)のリージョン長の意見や地域別の課題を討議する「CSRボード会議」を設置し、そこで審議された方針や施策を、各地域実務代表(Liaison Delegate:LD)と各事業所レベルで実践していきます。さらにCSRボード会議における承認事項の情報共有や、関連部門と連携した個別テーマにおけるCSR施策の推進、またグループ内における優良事例の共有などを、グローバルな社内コミュニケーション基盤を活用して行います。このようにトップダウンとボトムアップの双方向のアプローチにより、地域横断的なCSR活動を推進していきます。

(注2)世界4拠点:
EMEIA:Europe, Middle East, India and Africa、アメリカ、アジア(日本を含む)、オセアニア

第3回CSRボード会議の様子

第3回CSRボード会議の様子「各リージョン長と地域実務代表(Liaison Delegate)各リージョン長と地域実務代表(Liaison Delegate)

第3回CSRボード会議の様子「本社側執行役員と関連部門の関係者」本社側執行役員と関連部門の関係者

グローバル企業が担う社会的責任が世界の様々な国や地域において共通テーマとなったいま、事業の迅速なグローバル化を図るため、本格的に世界標準へ近づけていく必要があります。2016年4月に開催された第3回CSRボード会議では、以下の取り組みについて議論がなされました。

第3回CSRボード会議における主な討議内容
項    目 内        容
グループマネジメント
(人権/労働関連)
人権デューデリジェンス・プロセスの導入報告(米国人権NGO Shiftとの米州における「ビジネスと人権」のワークショップ開催および「国連ビジネスと人権に関する指導原則」に基づく、e-Learningの展開状況他)
サプライヤーマネジメント
(CSR調達関連)
EICC加盟に向けた取り組み
  • Step 1: 自己点検(SAQ) /監査に関する計画策定
  • Step 2: 自社 /サプライヤーにおけるリスク評価
  • Step 3: 高リスク拠点 /サプライヤーへの監査/是正処置の実施
情報開示
(レポーティング)
国際的なガイドラインやフレームワークに基づいた、CSR報告書および/統合レポートの発行・配布
リージョンにおけるCSR活動の展開 各リージョンの近況および本社へのCSR活動に関する期待と要請、他

CSR推進委員会

富士通グループの横断的なCSRマネジメント推進のため執行役員常務(兼 法務・コンプライアンス・知的財産本部長)を委員長、CSR推進室を事務局として「CSR推進委員会」を設置し、KPI(主要評価指標)の策定、情報発信、新たな社会貢献事例創出ための制度や仕組みの検討、持続可能な社会とビジネスのあり方などについて定期的なレビューを行っています。