GTM-MML4VXJ
Skip to main content

CSRに対する考え方

富士通は、電話交換機など通信インフラの中核を担う会社として、1935年に出発しました。以来、その歩みを支えてきた歴代の経営層の思想や精神は「FUJITSU Way」として凝縮されています。

富士通グループにとってのCSRは、FUJITSU Wayの実践を通じて、お客様とともに様々な社会課題の解決に取り組み、持続可能なネットワーク社会の発展に貢献していくことです。

富士通グループの理念・指針(FUJITSU Way)

FUJITSU Wayは、富士通グループが経営革新とグローバルな事業展開を推進していくうえで不可欠なグループ全体の求心力の基となる理念、価値観および社員一人ひとりがどのように行動すべきかの原理原則を示したものです。

すべての富士通グループ社員は、FUJITSU Wayを等しく共有し、日々の活動に反映させることで、企業価値の向上と国際社会・地域社会への貢献を目指していきます。(FUJITSU Wayは、2002年に制定され、2008年の改定を経て、現在のかたちになりました。)

FUJITSU Way

FUJITSU Wayの図
拡大する (52 KB)

FUJITSU Way浸透活動の展開

富士通グループでは、FUJITSU Wayの確実な浸透を図るために、各社の社長や組織長がFUJITSU Way推進責任者を任命しています。

FUJITSU Way推進責任者は、社長や組織長と協力し、全社員がFUJITSU Wayを共有するよう、各組織の特性に応じた浸透施策を展開しています。活動にあたっては、各部門の方針や目標とFUJITSU Wayの関係を明確に示し、対話を通じて、日常業務の意義を理解できるようにしています。

2018年3月現在、富士通グループ国内外の子会社を含め、約300名のFUJITSU Way推進責任者が各組織にて浸透活動を行っています。この各組織での活動状況は、海外を含めた調査により推進責任者間で情報共有を図っています。

浸透活動関連図

FUJITSU Way新入社員向け教育

2018年4月、富士通は約950名の新入社員を迎え、25クラスに分けてFUJITSU Way研修を実施しました。富士通グループの存在意義、価値観を共有するとともに、富士通社員としての行動原則の周知を図りました。

国内グループ各社においては、入社式などでFUJITSU Wayカードと解説書を配布し、個社に応じた教育を実施しています。

FUJITSU Way推進責任者研修

2017年度、新しく任命された約60名の推進責任者を集め、沼津工場内の富士通の歴史展示施設である池田記念室注1、富士通アーカイブズ注2、富士通DNA館注3で富士通グループの歴史を振り返り、FUJITSU Wayの根底に流れる考え方を理解した後、職場で抱える課題解決に向けた研修を実施しました。研修では、従業員満足度調査結果データから各職場の課題を分析し、FUJITSU Wayに基づき組織風土の改善について検討しました。また、各組織内での浸透事例の紹介や活動の活性化に向けた意見交換も行いました。

(注1)池田記念室:
富士通のコンピュータの黎明期をけん引した池田敏雄の功績をたたえ、沼津工場の開設と同時に設置された記念室。1959年製造のリレー式計算機、FACOM128Bが動態保存されているほか、池田の活動を示す資料や古くからのコンピュータの素子を見ることができる。

(注2)富士通アーカイブズ:
1875年の古河グループの創業から2010年までの年表を中心に、各年代の富士通に関連した歴史的資料や製品を展示した見学施設。

(注3)富士通DNA館:
沼津工場内の社内研修施設(約3,000m2)。富士通が大切にしてきた価値観、精神を学び、諸先輩が育んできた「富士通らしさ」を感じ取り、どのように次の世代に伝えるかを考え、議論する場として、富士通の歴史、先人の活動の記録、その成果である製品などを展示している。

池田記念室池田記念室

富士通アーカイブズ富士通アーカイブズ

富士通DNA館富士通DNA館

研修会の様子研修会の様子

FUJITSU Wayワークショップ

2017年度は、要請があった職場にFUJITSU Way推進室が訪問し、組織風土改善活動への取り組みを支援しました。従業員満足度調査結果や事前のアンケートを基に、各職場の課題を明確化し、現実を直視し、特にFUJITSU Wayの行動指針の観点から改善活動を検討しました。

国内グループ会社国内グループ会社

海外グループ会社海外グループ会社

FUJITSU Wayのコミュニケーション

富士通グループでは、国内外の全社員にFUJITSU Wayカードと解説書を配布し、職場にはポスターを掲示しています。

FUJITSU Way について解説したe-Learningは16言語に翻訳され、いつでも誰でも受講できるようになっています。また、電子版のFUJITSU Wayカードも提供しています。電子版はFUJITSU Wayに続けて組織長のメッセージを記載することができ、社内ポータルサイトに掲示するなど積極的に活用している組織も多数あります。

FUJITSU Wayについて語る田中社長FUJITSU Wayについて語る田中社長

電子版FUJITSU Wayカード電子版FUJITSU Wayカード

イントラネット上では、田中社長が自らの経験に基づきFUJITSU Wayの大切さを語るビデオメッセージの配信を始めました。現在、日本語を含め18言語で公開されています。

これらのコミュニケーションを通じて、富士通グループが目指す姿、その実現に向け、全従業員に期待される基本的な行動の理解、浸透を図っています。