GTM-MML4VXJ
Skip to main content

トップメッセージ

トップメッセージ

インテグレーションサービス部門長  谷口 典彦の写真

富士通の企業文化

富士通はチャレンジに溢れた会社です。その精神は、数十年にわたって変わらずに受け継がれてきました。先代の社長の言葉「ともかくやってみろ」にも象徴されている通り、理屈よりもまず行動してみる。そして、駄目だったら修正すればいい。こうしたチャレンジ精神が、今も富士通の源流にあります。困難なプロジェクトであっても、手を挙げれば若手にもチャンスを与えるのが、富士通という会社なのです。
そしてお客様に対しては、問題を解決することを第一に考えています。そのためには、まず対話を繰り返し、お客様の言葉で課題を理解すること。例えば、銀行がお客様であれば、銀行用語を理解し会話をすることが、お客様の視点でビジネスを捉えることにつながってきます。そうして、お客様の問題は自分たちの問題だという共通認識を持って、お客様のビジネスの成功まで一緒に歩む。ブランドプロミス「shaping tomorrow with you」の言葉の通り、あくまでもお客様と一緒に未来に向かおうという強い意識が、ICTの専門家としての富士通の姿勢なのです。

SEとして働く魅力

近年では、Fintechなどに代表されるように、テクノロジーの進化によってお客様の業務さえも変革することが可能になってきました。富士通のインテグレーションサービスがお客様の問題解決のためにできることは、さらなる広がりを見せていくことでしょう。そのため、SEという仕事自体も昔と比べて変化しています。以前のSEは職人的な色合いも濃かったのですが、技術分野や業務の細分化に伴い、SEの職種を一言では表せないくらい多様化しています。富士通のSEは、フィールドが広く必ず自分に合ったところが見つかるもの。
今後のビジョンとしては、より社会の役に立つ役割を担っていくために、ソーシャルイノベーションを起こしていきたいと考えています。そのために、さまざまな業界のお客様と関わっていることを活かして、ナレッジを共有していくことで新しいビジネスにつなげていこうとしています。業界を超えて社会に変革をもたらすことができることも醍醐味の一つです。

インテグレーションサービス部門長 谷口 典彦の写真

富士通が求める人材

会社の中には、いろいろな人物がいた方がいいですね。みんなで議論をして、異なる意見をぶつけあって、解を見つける。富士通で求められるのは、そのようなコミュニケーションです。そのためにも、これから入社する方々には、常に広い視野を持つことを心がけて欲しいと思います。例えば、誰からも指示をされなくても、他の部署で何をやっているのかを理解しているようなことです。そのためには、周囲の人々が何をしているのか関心や好奇心が必要です。特にSEでは、情報の収集力や処理能力が求められますから、こうした視野の広さは大切な要素となります。そして、もうひとつ重要な資質は、ファイティングスピリット。ビジネスでは競争相手がいるものなので、「負けるものか」という気持ちも大切です。富士通は、「成長したい」と考える人には、必ず挑戦の機会を設ける会社です。前向きな気持ちで、チャレンジしてください。

トップメッセージへ戻る

arrow_up.gif

 

UA-70433917-1