GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 会社概要 >
  4. 採用情報 >
  5. 基本情報 >
  6. ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)

ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)

ダイバーシティ&インクルージョン(多様性の受容)

個人の能力を最大限に高め、発揮できる職場へ

世界100カ国以上、約16万人の人材が活躍する富士通グループでは、人種や性別、年齢、障がいの有無にかかわらず、全社員が「shaping tomorrow with you」のブランドプロミスのもと、同じ目標に向かって歩んでいます。

富士通グループにおけるダイバーシティ&インクルージョンの方針

富士通グループでは、全社員が個性を発揮できる職場づくりに取り組んできました。 ダイバーシティ&インクルージョンの推進を以下の3つを目的として、9つの属性を対象に取り組み、企業の競争力強化につなげていきます。

ダイバーシティ&インクルージョンの方針のイメージ

また、2008年に設置された「ダイバーシティ推進室」では、富士通の目指す姿としての2点を掲げています。

「ダイバーシティ経営企業100選」受賞

ダイバーシティ経営企業100選受賞企業用ロゴマーク2013年度には、これまでの多様性の受容に関する全社的な取り組みが評価され、経済産業省主催の「ダイバーシティ経営企業100選」を受賞しました。

女性の活躍支援

富士通の女性幹部社員の割合は年々増加傾向にあります。その理由の一つに、女性幹部社員の確実な輩出に向けた数値目標を設定し、職場・経営層・人事・ダイバーシティ推進室が連携しながら、女性の活躍支援活動を進めてきたことが挙げられます。

  • 女性リーダー育成プログラム
    2011年より各部門から選出されたメンバーを対象に、半年間の「女性リーダー育成プログラム」を実施し、女性社員の長期的なキャリア継続の支援を行っています。
  • なでしこのロゴえるぼしのロゴ
    社外からの評価
    経済産業省と東京証券取引所より、積極的に女性活躍推進に取り組む企業として平成27年度「なでしこ銘柄」に選定されました。
    また、2016年には、女性の活躍推進に関する状況等が優良な企業として、女性活躍推進法に定められた厚生労働大臣の認定(えるぼし認定 ※3段階目)を受けています。

グローバルな人材の採用と活躍支援

グローバルビジネスのさらなる拡大を目指す富士通では、外国籍社員の採用と活躍支援を積極的に行っています。留学生向けキャリアイベントへの参加や海外のインターンシップ生の受け入れなどの活動を進めてきた結果、272名の外国籍社員が活躍する、職場環境が形成されています(2015年3月末時点)。

  • 外国籍社員のサポート活動「Integr8」
    富士通の職場環境・日本の生活に1日でも早く溶け込めるよう外国籍社員の生活サポートを目的にスタートした「Integr8」。現在では異なる職場の国際的な統合(インテグレート)を支援する場へと活動範囲を広げています。

LGBT等の性的マイノリティも働きやすい職場づくりに向けて

誰もが働きやすく、能力を存分に発揮できる環境づくりのために、富士通では性的マイノリティへの理解を深める取り組みも進めています。採用活動においても多様な性自認、性的指向のあり方を尊重しています。

次世代育成支援

プラチナくるみんマーク2015年度には、次代の社会を担う子どもたちの健全な育成を支援する「子育てサポート企業」として、厚生労働省より認定され、「プラチナくるみんマーク」を取得しました。

制度一覧

制度名 内容 2015年度
利用者数(人)
育児休暇制度
  • 子の誕生日から、子の満1歳の誕生日以降最初の4月20日または1歳6ヵ月までのいずれか長い期間を最長として取得可能。
  • 休職期間中は原則として無給。ただし1ヵ月以内の休職の場合は積立休暇の残日数の範囲で有給にできる。
272
(うち男性 23)
育児短時間勤務 子が小学校6年生の3月31日となるまで取得可能。 556
(うち男性 10)
ベビーシッターサービス
利用補助制度
就業のためにベビーシッターなどのサービスを利用する場合、月額10,000円を上限として、利用費用の50%を支給。 24
出産育児サポート休暇 配偶者の出産にあたり、産前産後8週間以内に5日取得可能(有給)。取得者463名。 463
事業所内保育所 2000年より運営。定員35名。 30
介護・介護準備休職制度
  • 同一対象家族に対し、通算して1年を最長として取得可能。(通算1年となるまで何回でも取得できる。)
  • 休職期間中は無給。
13
介護短時間勤務 3年を最長として取得可能。 11
在宅勤務制度 テレワーク推進の一環として、サテライトオフィス、モバイルワークに加えて、在宅勤務を実施。 約100
arrow_up.gif

 

UA-70433917-1