GTM-MML4VXJ
Skip to main content

ICT業界とは

ICT業界とは

Business Field

まだ解決されていない夢や課題のあるところ。
そのすべてが、私たちのビジネスフィールドです。

富士通は、人々の生活や社会をICT で支えること、そしてお客様にとっての価値の実現にICT の力を役立てていくことが私たちの役割であると考えています。世の中にある「あんなことをやってみたい」や「この問題をなんとかしてほしい」を一つひとつかたちにすることが私たちの仕事であり、そのような夢や課題のあるところのすべて、すなわち社会全体がビジネスフィールドです。

富士通がICT の力で生み出してきた革新は、人々の生活における次の「あたり前」となり、社会のインフラとして日常の至るところを支えています。米や野菜はつくらないけれど安心して食べられるおいしい食材を食卓に届けること。車はつくらないけれど快適なカーライフを生み出すこと。患者の診察はしないけれど医療全体の質の向上を図ること。私たちが提供したい価値は、あくまでも夢の実現や課題の解決にあります。皆さんに馴染みの深いスマートフォンやパソコンも、そのもの自体をつくることが目的ではなく、その先にある、富士通が目指す価値を提供するために必要なツールであると考えています。そして、システムやネットワークといったテクノロジーを用いてその価値を世の中に送り出す。どちらも私たちが目指す価値提供のためには不可欠です。

ICTって何?

みなさんはICTと聞いて何を思い浮かべますか?
パソコン?携帯電話?インターネット?

コンピュータ機器を高性能にし、情報の電子化や自動化を急激に発展させること。それがITの基本的な定義です。近年はさらに、ITにCommunicationをプラスしたICT(Information and Communication Technology)と呼ばれることが一般的となってきました。コンピュータやデータ通信に関する技術を用いて、暮らしやビジネスの情報や知識を伝達したり、それらの共有を促すことを目的としています。もはや当たり前のことですが、「Communication」は私たちが日々暮らしたり、ビジネスを進めたりするときに欠かせないことです。

ICTを用いたビジネスって、どういうもの?

お客様や社会が抱える問題の解決や、「あんなことをやってみたい」「こんな世界にしてみたい」という人々の夢を実現していくために、ICTによって解決する(ICTソリューション)ビジネスモデルがあります。そのためには、ICTに関わる最先端技術や人の知恵などを結集し、総合的な力で達成していくことが必要です。ICTを使って解決策を考えることは大切です。しかしそれ以上に、まずは使用する人の立場になったものの見方や考え方、未知なるものを解明しようとする好奇心、日常のあたりまえに満足することなく、より良い暮らしを生み出していこうという探求心が、問題解決の原動力となります。ICTソリューションは、ともすればICTの技術や知識が注目されがちですが、それだけではなく知恵と想像力を発揮して「人が人のために」「人の未来や幸福を考え」進めていくものなのです。

ICTに携わる魅力

ICTに携わる魅力の図

ICTソリューションの流れ

お客様や案件によって違いはありますが、一般的なICTソリューションの流れは「企画」「提案」「設計・構築」「保守・運用」「分析・運用」のフェーズに分かれます。

ICTソリューションの流れを表した図

企画

まずは、お客様の抱えている課題を認識することが最も重要です。お客様が課題と認識している点を把握するのはもちろん、お客様が気付いていない課題を見つけ出すことが大切です。そのためにはお客様の事業について深く理解し、その業界に精通していることが求められます。

提案

「知恵」と「創造力」を存分に発揮し、お客様の課題を解決するための要素を組み合わせ、お客様の期待を超えた最適な解決案を提案します。提案の際は、「ICTで何を解決し、お客様のビジネスにどのような効果をもたらすのか」を明確に伝えることが大切です。
ここで富士通の大きな強みになるのが、世界最高水準の技術力。技術の裏付けと、お客様の期待を超える提案、これまでの数々の実績から得た信頼により、お客様から商談を受注することができるのです。

設計・構築

お客様と契約を締結すると、いよいよシステムの設計・構築の段階に入ります。高品質・高信頼のシステムを、試行錯誤を重ねてつくり上げていきます。契約した納期までの時間や開発費用など、さまざまな条件の下で常に改善を行いながら構築をしていきます。そしてテストを繰り返し、万全の品質を整え納品。

保守・運用

納品完了で富士通の役割が終わったわけではありません。システム導入後の保守・運用も富士通の大きな仕事です。安定した稼動を続けるために、いつでも早急な対応ができるようサポート体制を備えます。

分析・評価

ビジネスは常に変化し続けるものです。そして、システムもそれに適応する必要があります。導入したシステムは保守・運用と同時にその機能や運用状況を分析・評価し、改善点を見つけ、さらなる提案を行います。これが新たなビジネスへとつながっていくのです。

arrow_up.gif

 

UA-70433917-1