GTM-MML4VXJ
Skip to main content

富士通の考えるユーザビリティとアクセシビリティ

ユニバーサルデザインを推進する上で欠かすことのできないのが「ユーザビリティ」と「アクセシビリティ」です。両方とも、「使いやすさ」という尺度に位置付けられる概念です。

アクセシビリティは、高齢の方や障害を持つ方などを含む、できるかぎり多くの人々が使えるかどうか、つまり「使えない」状態を「使える」状態にすることに焦点を絞っています。それに対してユーザビリティは、使える状態になっているものにおいて、想定ユーザーが使いやすいかどうか、つまり「使いにくい」状態を「使いやすい」状態にすることに焦点を絞っています。

富士通の考えるユニバーサルデザインの図

ユーザビリティとは

ユーザビリティとは「使いやすさ」のことです。
「ある利用者が、ある目的を達成するときの効果・効率・満足感」という定義もあります。近年、パソコンや携帯電話にも新しい機能が加わり多機能化する傾向にあります。確かに多機能化によって便利になることも多いのですが、その反面、操作が複雑になり、使い方を理解するのに時間がかかるなどの問題を生じがちです。情報機器や情報システムは用途や使い方が非常に多様であるため、単機能の道具や製品に比べて、どうしても使い方が難しくなりやすいのです。

ユーザビリティの生じる原因とは?

原因の一つに、ユーザーインターフェース(利用者が実際に見たり、触れたりする部分)が、利用者の特徴(人間の心理・認知・生理・感性などの特性)に合致していないということがあります。
例えば、一度に提示するメニューの数は7項目前後(5~9項目)が良いとされています。これは短期間で覚えられる情報量が7個くらいという人間の記憶の特性からです。しかし、多くのメニューを分類せずに提示すると、選択するのに時間がかかったり間違った選択をしやすくなるのです。

ユーザビリティを向上させる活動

富士通では、人間特性の分析及び応用など人間工学における研究を行ない、デザインに活用するとともに、そのプロセスにユーザビリティ評価を取り入れ結果を反映させています。

ユーザーテストを行っている様子

‐ユーザビリティ評価
製品やサービスにおいて、ユーザーが使いにくいと感じる箇所を抽出することが目的である。実際にユーザーが被験者として操作し、利用上の問題を発見する「ユーザーテスト」、ユーザビリティエンジニアが経験則やガイドラインを用いて使いやすさを診断する「ヒューリスティック評価」などがある。

‐ユーザーテスト
実際にユーザーが使用している様子をハーフミラー越しに観察し、ユーザーの行動(戸惑い・操作エラーなど)や発言から、ユーザビリティ上の問題点を発見する。

アクセシビリティとは

アクセシビリティとは、高齢の方や障害を持つ方などを含む、できるかぎり多くの人々が使えるかどうか、もしくは使いやすいかどうかを意味します。当初は建築物や交通機関などのアクセシビリティが主に問題とされていましたが、現在ではパソコンや電話機のような情報機器、さらにそれらを使用して得られるコンテンツなど、広い範囲にわたりアクセシビリティが考慮されています。

より多くの人が使えることの重要性

インターネットの普及により、私たちの生活は大変便利になりました。しかし、健常者である元気な方だけがインターネットを使用するわけではありません。むしろ、高齢者や障害者の方のほうが、自立した生活をおこなっていくうえでインターネットを必要としているのです。また、そうした高齢者や障害者の方々が利用できるようなアクセシビリティへの配慮は、健常者にもより一層の使いやすさと生活の安心を保障することに繋がっていきます。