GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.3.3.3 入力エラー修正方法の提示に関する達成基準

7.3.3.3 入力エラー修正方法の提示に関する達成基準

入力エラーが自動的に発見された場合は、その修正方法が明らかであれば、その方法を利用者に提示しなければならない。ただし、セキュリティ又はコンテンツの目的を損なう場合は除く。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

等級Aの「7.3.3.1 入力エラー箇所の特定に関する達成基準」では、入力フォームでユーザーの「入力エラー」があった際には、エラー修正画面で提示するエラーメッセージのテキストでエラー箇所とエラー内容の説明を提供することを求めています。そして、等級AAの本達成基準では、さらに「その修正方法が明らかであれば」、エラーメッセージにその修正方法もあわせて提示しなければなりません。

「入力エラー」の修正方法が分からないと、ユーザーはそのフォームへの入力をあきらめてしまうことがあるので、エラーメッセージで修正方法を分かりやすく説明する必要があります。

例えば、「正しく入力してください」ではなく、「ハイフンを入れて入力してください」というように、エラーメッセージで修正方法を提示する際には、可能な限り具体的にどうすればよいのかを説明します。

事例と実装

良い例

スクリーンショット:修正方法を説明しているエラーメッセージ

入力エラーの項目名とあわせて、修正方法を簡潔にわかりやすく提示している。

悪い例

スクリーンショット:修正方法を説明しているエラーメッセージ

入力エラーの項目名とエラーの内容は説明されているが、修正方法が提示されていない。

参考情報

関連する達成基準

等級A