GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準

7.3.2.3 一貫したナビゲーションに関する達成基準

ウェブページ一式の中にある複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズムは、繰り返されるたびに相対的に同じ順序で提供しなければならない。ただし、利用者がそれを変更した場合は除く。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

「複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズム」としては、次のようなものが挙げられます。

  • ナビゲーションバー
  • サイト内検索
  • ヘッダーにある「サイトマップ」や「お問合せ」などのリンク
  • ローカルナビゲーション(サブメニュー)

このような「ナビゲーションのメカニズム」は、どのウェブページでも必ず「相対的に同じ順序」でユーザーに提示する必要があります。

「複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズム」というのは、ユーザーがそのウェブサイトを利用している際に、使用する頻度が高いものです。そのため、それらがウェブページの中でどの位置にあるのかをユーザーが学習して、自分の探しているメカニズムをより素早く見つけることができるように、「相対的に同じ順序」で提供しなければなりません。

なお、「複数のウェブページ上で繰り返されているナビゲーションのメカニズム」が「相対的な順序」で提示されていれば、ウェブページによってはその中に異なるコンテンツが挿入されていたり、あるメカニズムが存在しなかったりしても、本達成基準を満たすことができます。

例えば、サイト内検索の機能が、ウェブページによってナビゲーションバーの前にあったり、後にあったりすると、サイト内検索の機能が「相対的に同じ順序」で提示されていることにはならないため、本達成基準を満たすことができなくなります。

事例と実装

良い例:並び順が同じナビゲーションバー

スクリーンショット:ナビゲーションバー

ナビゲーションバーにあるリンクが、どのウェブページでも同じ順序である。

悪い例:並び順が入れ替わるナビゲーションバー

スクリーンショット:ナビゲーションバー

ナビゲーションバーにあるリンクが、ウェブページによって異なる順序になっている。

参考情報

関連する達成基準

関連する達成基準はありません。