GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準

7.3.1.2 部分的に用いられている言語に関する達成基準

コンテンツの一節又は語句それぞれの自然言語がどの言語であるかを、プログラムが解釈可能でなければならない。ただし、固有名詞、技術用語、どの言語なのか不明な語句及びすぐ前後にあるテキストの言語の一部になっている単語又は語句は除く。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

等級Aの「7.3.1.1 ページの言語に関する達成基準」では、html要素でそのコンテンツの主たる「自然言語」を明示することを求めています。そして、等級AAの本達成基準では、「コンテンツの一節又は語句」がその主たる「自然言語」とは異なる場合には、それがどの「自然言語」なのかをソースコードで明示する必要があります。

部分的に異なる「自然言語」を使用している箇所を示す属性には、lang属性とxml:lang属性があり、HTMLのバージョンやContent-Typeによって異なります。詳細は、このページの「事例と実装」のセクションを参照してください。

lang属性およびxml:lang属性の値として使用する主な言語コードは次の通りです。

  • 日本語:ja
  • 英語:en
  • 韓国語:ko
  • 中国語(簡体):zh-CN
  • 中国語(繁体):zh-TW

事例と実装

良い例 1:HTML 4.01

lang属性で部分的に用いられている言語を指定する。

ソースコード例

< html lang="ja" >
・・・
< p >英語では、"< span lang="en" >Do you want to grab my arm?< /span >"というフレーズが用いられる。< /p >

良い例 2:XHTML 1.0(Content-Typeが "text/html" の場合)

Content-Typeが "text/html" の場合は、lang属性とxml:lang属性の両方を用いて部分的に用いられている言語を指定する。属性値はどちらも同じ値となる。

ソースコード例

< html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" lang="ja" xml:lang="ja" >
・・・
< p >英語では、"< span lang="en" xml:lang="en" >Do you want to grab my arm?< /span >"というフレーズが用いられる。< /p >

良い例 3:XHTML 1.0(Content-Typeが "application/xhtml+xml" の場合)

Content-Typeが "application/xhtml+xml" の場合は、xml:lang属性で部分的に用いられている言語を指定する。

ソースコード例

< html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" >
・・・
< p >英語では、"< span xml:lang="en" >Do you want to grab my arm?< /span >"というフレーズが用いられる。< /p >

参考情報

関連する達成基準

等級A