GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準

7.2.4.1 ブロックスキップに関する達成基準

複数のウェブページ上で繰り返されているコンテンツのブロックをスキップできるメカニズムが利用可能でなければならない。

引用元: JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

ウェブページのメインコンテンツ部分の前に、「"複数のウェブページ上で繰り返されているコンテンツのブロック"」がある場合には、ウェブページの先頭からメインコンテンツの開始位置まで「"スキップできるメカニズム"」を提供しなければなりません。

「"スキップできるメカニズム"」は、主に次のユーザーが利用できるものでなければなりません。

  • 画面を見て、キーボードだけで操作しているユーザー(マウスなどのポインティングデバイスを使用できないユーザー)
  • 音声ブラウザやスクリーンリーダーを使用しているユーザー

そして、HTMLのウェブページの場合、『WCAG 2.0 解説書』によれば、次の2つの実装方法を用いて「スキップできるメカニズム」を提供することが考えられます。

前者(H69)であれば、少なくともメインコンテンツの開始位置に見出し要素(多くの場合、h1要素)でマークアップされた見出しを提供します。そうすることによって、音声ブラウザやスクリーンリーダーのユーザーは、多くの製品が提供している見出しへのジャンプ機能を利用して、ウェブページの先頭からメインコンテンツの開始位置に移動することができます。また、ショートカットキーを提供している一部のブラウザや拡張機能を使用すれば、キーボード操作ユーザーも同じように、ウェブページの先頭からメインコンテンツの開始位置に移動することができます。

また、後者(G1)は、いわゆるスキップリンクをウェブページの先頭で提供します。スキップリンクは、メインコンテンツの開始位置にアンカーを置いて、ウェブページの先頭からページ内リンクで移動できるようにするというものです。ここで特に注意したいのは、「"スキップできるメカニズム"」は、画面を見てキーボードだけで操作しているユーザーが利用できるものでなければならないことです。そのため、スキップリンクはウェブページの先頭で提供するのに加えて、常に表示されているか、キーボードフォーカスを受け取ったときに表示されるようにしなければなりません。

どちらの実装方法を用いるべきか、あるいは両方を併用すべきかについては、コンテンツのターゲットとして想定するブラウザや支援技術によるサポート状況によって判断が異なる可能性があります。サポート状況については、ウェブアクセシビリティ基盤委員会(WAIC)が公開している『 アクセシビリティ・サポーテッド(AS)情報』を参考にできます。

事例と実装

良い例 1:メインコンテンツ開始位置にあるマークアップされた見出し

スクリーンショット:メインコンテンツの開始位置にマークアップされた見出し(「東西電鉄の沿線案内」)があるウェブページ

メインコンテンツの開始位置にある見出し(「東西電鉄の沿線案内」)をh1要素でマークアップする。

良い例 2:キーボードフォーカスを受け取ると表示されるスキップリンク

スクリーンショット:スキップリンクが表示されていない、通常の状態のウェブページ
スクリーンショット:スキップリンクがキーボードフォーカスを受け取り、一時的に表示された状態のウェブページ

メインコンテンツの開始位置へのスキップリンクをウェブページの先頭で提供する。スキップリンクは、通常は非表示だが、キーボードフォーカスを受け取ると表示され、キーボードフォーカスが外れると非表示に戻る(マウスポインタには反応しない)。

参考情報

関連する達成基準

等級A
等級AA
等級AAA