GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準:リスト

7.1.3.1 情報及び関係性に関する達成基準:リスト

表現を通じて伝達されている情報、構造及び関係性は、プログラムが解釈可能でなければならない。プログラムが解釈可能にすることができないウェブコンテンツ技術を用いる場合は、それらはテキストで提供されていなければならない。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

HTMLでは、「表現を通じて伝達されている情報、構造及び関係性」を適切な要素や属性を用いてマークアップして、「プログラムが解釈可能」にしなければなりません。

「プログラムが解釈可能」というのは、ブラウザや支援技術(例:スクリーンリーダー)が、ソースコードからコンテンツの「情報、構造及び関係性」を解釈できることを指します。HTMLの場合には、仕様で定められている要素や属性を用いてマークアップすることによって、見た目などの表現に関係なく、ブラウザや支援技術(例:スクリーンリーダー)がコンテンツの「情報、構造及び関係性」を解釈することが可能になります。

本達成基準では、ウェブページにリストがある場合には、その見た目だけでなく、ソースコードでリストの種類に応じて、次のいずれかの要素を用いてマークアップすることが求められています。

  • 順不同リスト:ul要素
  • 順序リスト:ol要素
  • 定義リスト:dl要素

例えば、HTMLのソースコードで順不同リストとしてマークアップせずに、行の先頭に右向きの三角形を用いたビュレット画像をつけた場合でも、見た目には同じように順不同リストに見えるかもしれません。しかし、それではソースコードを解析しているブラウザや支援技術は、それが順不同リストであることを解釈できません。順序リストや定義リストの場合も、やはりマークアップされていなければ、ブラウザや支援技術は解釈することができません。

このように、「表現を通じて伝達されている情報、構造及び関係性」を「プログラムが解釈可能」にすることによって、次のような場合でもユーザーがコンテンツの「情報、構造及び関係性」を知覚することができるようになります。

  • コンテンツが、音声ブラウザやスクリーンリーダーによって読み上げられたとき
  • スタイルシートが、ユーザー・スタイルシートに置き換えられたとき

例えば、音声ブラウザやスクリーンリーダーの中には、li要素を用いたマークアップを解析して、リスト部分を読み上げる際にリスト項目の数を読み上げる機能を提供しているものがあります。リスト部分の読み上げ音声を聞く前に何項目のリストなのかが分かるため、ユーザーはコンテンツを理解しやすくなります。

つまり、見た目の表現だけではなく、HTMLのソースコードでもコンテンツの「情報、構造及び関係性」が分かるように、適切な要素や属性を用いてマークアップすることによって、ユーザーの様々な利用環境や多様化する閲覧デバイスに対応することが可能となります。

事例と実装

順不同リスト:ul要素

スクリーンショット:ダミーのイメージ

順不同リストをul要素とli要素を用いてマークアップする。例えば、リストの先頭で「3項目のリスト」とリスト項目数を読み上げるスクリーンリーダーもある。

ソースコード例

< ul >
< li >アクセシビリティ< /li >
< li >ユーザビリティ< /li >
< li >インフォメーション・アーキテクチャ< /li >
< /ul >

順序リスト:ol要素

スクリーンショット:ダミーのイメージ

順序リストをol要素とli要素を用いてマークアップする。

ソースコード例

< ol >
< li >電源を入れる< /li >
< li >画面の指示に従い、パスワードを入力する< /li >
< li >[実行]ボタンを押す< /li >
< /ol >

定義リスト:dl要素

スクリーンショット:ダミーのイメージ

定義リストをdl要素を用いてマークアップする。定義リストの用語部分はdt要素、その用語の説明文はdd要素を用いて、それぞれをマークアップする。

ソースコード例

< dl >
< dt >適合< /dt >
< dd >JIS Q 1000等に基づいた自己適合宣言を行うこと< /dd >
< dt >準拠< /dt >
< dd >箇条8にもとづいて試験結果の表示を行うこと< /dd >
< /dl >

参考情報

関連する達成基準

関連する達成基準はありません。