GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準

7.1.2.3 収録済みの映像コンテンツの代替コンテンツ又は音声ガイドに関する達成基準

同期したメディアに含まれている収録済みの映像コンテンツに対して、時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツ又は音声ガイドを提供しなければならない。ただし、その同期したメディアがテキストの代替メディアであって、代替メディアであることが明確にラベル付けされている場合は除く。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

収録済みの「同期したメディア」を用いる際には、映像だけが伝えている情報も含めてテキストに書き起こした「代替コンテンツ」を提供するか、または「音声ガイド」を提供しなければなりません。

「同期したメディア」というのは、多くの場合、音声付きの映像(動画)のことを指します。映像を見ることのできないユーザーは、映像だけで伝えられている視覚的な情報を入手できません。そのため、映像を見ることができなくても、音声付きの映像を再生しながら等価な情報が得られるように「音声ガイド」を提供する必要があります。

「音声ガイド」は、必ずしも映像と同等の情報を伝えることができるとは限りません。それは、「音声ガイド」は主音声の合間に挿入するナレーションであり、提供できる情報量が時間的に限られていることが多いからです。例えば、話者が休むことなく話し続けているような場合には、主音声の合間がほとんどないために、映像だけで伝えられている視覚的な情報を「音声ガイド」で説明できないこともあります。そのような場合には、「音声ガイド」を挿入することが可能な主音声の合間を使って重要な情報をできる限り多く伝達できるように、音声ガイドのナレーション原稿を工夫する必要があります。
注記:JIS X 8341-3:2010の達成基準 7.1.2.7(等級AAA)では、「音声ガイド」だけで視覚的な情報を全て伝える方法として、「拡張した音声ガイド」を挙げています。

ただし、「音声ガイド」を提供するのは実際には困難なことが多く、等級AA(達成基準 7.1.2.5)では必須となりますが、この等級Aでは「代替コンテンツ」の提供でも達成基準を満たすことができます。「代替コンテンツ」は、音声付きの映像の音声と映像の両方で伝えられている情報をテキストに書き起こしたもので、これは「トランスクリプト」と呼ばれ、その音声や映像の台本のようなものになります。この「代替コンテンツ」を提供する場合には、音声付きの映像を埋め込んだ同じページまたは別のページで提供しますが、後者の場合にはその音声付き映像へのリンクの直後か音声付き映像のすぐ近くに「代替コンテンツ」へのリンクを提供するようにします。

なお、その音声付きの映像が「テキストの代替メディア」である場合には、例えば「操作説明文の動画バージョン」というような代替テキストが提供されていれば、代替コンテンツを提供する必要はありません。「テキストの代替メディア」というのは、本文のテキストの別バージョンのことで、文章を読んで理解するのが困難なユーザーのために、本文のテキストですでに提供されている情報を音声や映像などの別の形式で説明しているものを指します。

事例と実装

良い例 1:代替コンテンツ

映像の視覚的情報と音声の聴覚的情報(効果音などを含む)をテキストに書き起こして代替コンテンツを作成し、音声付きの映像のすぐ近くや音声付きの映像へのリンクの直後に代替コンテンツへのリンクをあわせて提供するか、音声付きの映像が埋め込まれている同じページ上で提供する。

代替コンテンツ(トランスクリプト)の例

{オープニングのBGM。画面には「ウェブ・アクセシビリティ入門」のタイトル文字。}
{約15秒でBGMが終わる。}
{テーブルを挟むように、左側に司会進行役の田中氏、右側にゲストの鈴木氏が座っている。}
田中:みなさん、こんにちは。今日は「ウェブ・アクセシビリティ」について、鈴木さんにお話をうかがいます。鈴木さん、よろしくお願いします。
鈴木:こんにちは、鈴木です。こちらこそ、よろしくお願いします。
田中:さて、鈴木さん、「ウェブ・アクセシビリティ」について、お話をいろいろとお聞きしていこうと思うのですが、日本では2004年に日本工業規格ができましたよね。
鈴木:はい、JIS X 8341-3といって、これが制定されたことによって、日本国内でもアクセシビリティが注目されるようになりました。
{画面には、JIS X 8341-3の規格票の表紙と中身の数ページが映し出される。}
田中:そもそも、なぜ日本工業規格として制定されたのでしょうか。
(...つづく)

良い例 2:音声ガイド

スクリーンショット:音声ガイドを再生中のビデオプレイヤー

音声ガイドを提供する場合、ビデオプレーヤーに再生/非再生を切り替えるボタンを設けて、ユーザーが必要に応じて切り替えられるようにする。欧米では、"Audio/Video Description" の頭文字 "D" を使ったボタンを提供することが多い。

参考情報

関連する達成基準

等級AA
等級AAA