GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準:映像

7.1.2.1 収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアに関する達成基準:映像

収録済みの音声しか含まないメディア及び収録済みの映像しか含まないメディアは、次の事項を満たさなければならない。ただし、その音声又は映像がテキストの代替メディアであって、代替メディアであることが明確にラベル付けされている場合は除く。

b) 収録済みの映像しか含まない場合
時間の経過に伴って変化するメディアに対する代替コンテンツ又は音声トラックによって、収録済みの映像しか含まないコンテンツと等価な情報を提供している。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

「収録済みの映像しか含まないメディア」を用いる際には、「代替コンテンツ」によって「等価な情報を提供」しなければなりません。

「収録済みの映像しか含まないメディア」が伝える情報は、映像を見ることのできないユーザーが入手できません。そのため、映像を見ることができなくても、等価な情報が得られるように「代替コンテンツ」を提供する必要があります。

「代替コンテンツ」は、映像(視覚的情報)が伝えている情報をテキストに書き起こすことによって提供することができます。これはトランスクリプトとよばれ、その映像の台本のようなものになります。

また、「代替コンテンツ」以外に、音声ガイドを用いることもできます。その場合、映像ファイルの音声トラックを用いる方法と映像ファイルとは別に音声ファイルを提供する方法が考えられます。後者の場合には、映像ファイルへのリンクの直後に音声ファイルへのリンクをあわせて提供します。いずれの場合も、映像が視覚的に伝えている情報をナレーションによって説明する必要があります。

なお、その映像が「テキストの代替メディア」である場合には、例えば「操作説明の映像バージョン」というような代替テキストが提供されていれば、代替コンテンツを提供する必要はありません。「テキストの代替メディア」というのは、本文のテキストの別バージョンのことで、文章を読んで理解するのが困難なユーザーのために、本文のテキストですでに提供されている情報を音声や映像などの別の形式で説明しているものを指します。

事例と実装

良い例 1:代替コンテンツ

映像が伝えている情報をテキストに書き起こして代替コンテンツを作成し、収録済みの映像しか含まないメディアへのリンクの直後または収録済みの映像しか含まないメディアのすぐ近くに、その代替コンテンツへのリンクをあわせて提供する。または、収録済みの映像しか含まないメディアと同じページ上で代替コンテンツを提供してもよい。

良い例 2:音声ガイド

スクリーンショット:音声ガイドの再生が可能なプレーヤーで再生されている映像

映像が伝えている情報を説明するナレーションの音声ガイドを作成し、映像ファイルの音声トラックを用いて提供する。このスクリーンショットの例では、右端にある "D))" というボタンで音声ガイドのON/OFFを切り替えることができる。また、音声ガイドを映像ファイルとは別の音声ファイルで提供することも可能。その場合は、映像ファイルへのリンクの直後か、映像ファイルのすぐ近くで、音声ファイルへのリンクを提供する。

参考情報

関連する達成基準

関連する達成基準はありません。