GTM-MML4VXJ
Skip to main content
  1. ホーム >
  2. 企業情報 >
  3. 事業方針 >
  4. 技術・研究開発・デザイン >
  5. デザイン >
  6. ユニバーサルデザイン >
  7. 7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準:オブジェクト、アプレット、プラグイン

7.1.1.1 非テキストコンテンツに関する達成基準:オブジェクト、アプレット、プラグイン

利用者に提示されるすべての非テキストコンテンツには、同等の目的を果たす代替テキストを提供しなければならない。ただし、次の場合は除く。

b) 時間の経過に伴って変化するメディア
非テキストコンテンツが、時間の経過に伴って変化するメディアであるとき、代替テキストは、少なくとも、その非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。

c) 試験
非テキストコンテンツが、テキストで提示されると無効になる試験又は演習のとき、代替テキストは、少なくともその非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。

d) 感覚的
非テキストコンテンツが、特定の感覚的体験をつく(創)り出すことを主に意図しているとき、代替テキストは、少なくともその非テキストコンテンツを識別できる説明を提供している。

引用元:JIS X 8341-3:2010「高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス-第3部:ウェブコンテンツ」

解説

非テキストコンテンツ」を使用する際には、「代替テキスト」を提供しなければなりません。

HTMLのウェブページにオブジェクト、アプレットまたはプラグインを用いたコンテンツを埋め込む際には、それが何なのかをユーザーが認識してどうするか判断できるように、少なくともそのタイトルを示す「代替テキスト」を提供します。『WCAG 2.0 実装方法集』によれば、埋め込んだオブジェクト、アプレットまたはプラグインに「代替テキスト」を提供する方法には、次の2つがあります。

なお、applet要素では、ユーザーエージェントによってalt属性及びapplet要素のボディのサポート状況が異なるため、両方に同じ「代替テキスト」を記述します。ただし、HTML4.01とXHTML1.0の Transitionalと Frameset では、applet要素および全ての属性が非推奨とされているほか、HTML4.01とXHTML1.0の Stirct、XHTML1.1、そしてHTML5ではapplet要素は廃止されています。

もしそれが映像、音声または音声付映像である場合、ガイドライン 7.1.2の該当する達成基準をあわせて満たす必要があります。映像によって伝えている視覚的な情報には代替コンテンツまたは音声ガイドを提供し、音声によって伝えている聴覚的な情報には代替コンテンツまたは映像にキャプションを提供します。詳細は、このページにある「関連する達成基準」のセクションを参照してください。

その他、eラーニングのような演習やオンライン試験では、同等の「代替テキスト」を提供するとコンテンツの目的を達成できなくなることがあります。そのような場合には、コンテンツの目的を記述するにとどめます。また、オーケストラの演奏などの芸術作品のように、「感覚的な体験」を提供するコンテンツでは、代替テキストを記述するのが困難な場合がありますので、作品名など内容の分かるラベルと可能であれば補足説明を「代替テキスト」として記述します。

事例と実装

良い例 1:object要素

object要素のボディに、オブジェクトの内容が分かる代替テキストを記述する。また、object要素を入れ子にして、複数の代替コンテンツを提供することも可能。なお、HTMLのウェブページにFlashコンテンツを埋め込む際には、『WCAG 2.0 実装方法集』の「FLASH17: Flash オブジェクトをキーボードで操作可能にして、キーボードトラップを回避する」を参照のこと。

ソースコード例

< object classid="http://www.example.com/sample.py" >
< object data="video.mpeg" type="application/mpeg" >
< object data="image.gif" type="image/gif" >
オブジェクトの代替テキスト
< /object >
< /object >
< /object >

良い例 2:applet要素

applet要素のalt属性とボディの両方に、アプレットの内容が分かる代替テキストを記述する。

ソースコード例

< applet code="sample.class" width="250" height="250" alt="アプレットの代替テキスト" >
アプレットの代替テキスト
< /applet >

参考情報

関連する達成基準

等級A
等級AA
等級AAA