GTM-MML4VXJ
Skip to main content

色を教えてくれるケータイ ColorAttendant

ColorAttendantのタイトルロゴ

「ColorAttendant(カラーアテンダント)」は携帯電話のカメラ機能を利用して、色を判別するiアプリです。iモードサイト「@Fケータイ応援団」から無料でダウンロードいただけます。

日本人男性の約 5%、女性の約0.2%に赤と緑など特定の色を判別することが困難な色覚の差異があると言われています。
日常生活では、例えば洋服のコーディネートや靴下の左右の色を合わせる際などに不便を感じることがあると言われています。本ソフトはこのような不便を解決することを目指し開発しました。

簡単な操作で様々な色名を調べることができ、楽しみながら色について興味を広げられるよう、色の情報表示や色の説明文の追加など多彩な機能を搭載しています。

対応機種を大幅に拡大しました [2011年11月21日]

F-07C、F-09C、F-10C、F-11Cをはじめ、*-01A以降のiアプリ対応機種でダウンロードいただけます。

  • 携帯電話にカメラがついていること、画面サイズが縦320ドット×横240ドット以上であること、Doja5.1に対応していることなどの条件があります。
    詳しくはページ下にある、対応機種をご確認ください。

iモードサイト「@Fケータイ応援団」から無料でダウンロードいただけます。ぜひ、ご利用ください。

バージョンアップのお知らせ [2011年4月22日]

バージョン2.1を公開しました。

  • 対応機種を6機種追加
    らくらくホンベーシック3(F-08C)、F-01C、F-02C、F-03C、F-04C、F-05C

DESIGN=Progettareに、「ColorAttendant」を追加しました [2010年10月29日]

本ソフトの企画から公開までに至る、ユニバーサルデザインの開発プロセスをご紹介しています。

受賞歴

製品特長

1.携帯電話のカメラで撮影した画像をもとに、色の名前を表示し、音声で読み上げます

  • 色を調べたい物をカメラで撮影すると、画面上に色情報を表示します。らくらくホン(注1)では、音声読み上げも可能です。

(注1)らくらくホン・・・らくらくホンベーシック3(F-08C)、らくらくホン7(F-09B)、らくらくホン6(F-10A)、らくらくホンV(F884iES)、らくらくホンプレミアム(F884i)

赤い靴下を撮影している様子。左:ColorAttendantの画面で、カーソルは中央にあり、色名はあざやかな赤。

2.色の名前の表示方法を、3種類のモードから選択できます

  • 本ソフトには、3種類の色名表示モードが登録されています。数字の1ボタンでいつでも表示を切り替えることができます。
ColorAttendantの画面が3枚。いずれも紫色の花の写真で、色名は左から「明るい青みの紫」「紫系」「藤紫」

写真左:ていねいモード(あざやかな緑、明るい緑など、色の印象を含めて表示)
写真中:かんたんモード(赤系や緑系など、色合いを簡易に表示)
写真右:いろいろモード(若竹色、新橋色など、歴史や文化が感じられる200種以上の色名を表示)

  • あらかじめ登録してある色名表示モードのほかに、最大3つまでのモードを独自に作成することができます。(注2)
  • 独自のモードを作成するにはmicroSDカードが必要です。詳しくはオリジナルの色名表示モード作成方法ページをごらんください。

(注2)対応機種のうち、キッズケータイ(F-05A、F801i)およびF705iを除く

3.色の名前以外の情報を知ることができます

  • 色の名前だけでなく、針の向きによって色を直感的に知ることができる色相環を表示します。また、RGBやCMYKでの表示もサポートしています。数字の2ボタンでいつでも表示を切り替えることができます。
ColorAttendantの画面が3枚。いずれも紫色の花の写真で、左の写真は色相環を表示、真ん中の写真はRGBの値とグラフを表示、右の写真はCMYKの値とグラフを表示。

写真左:色相環モード
写真中:RGBモード
写真右:CMYKモード

4.色合い調整機能で、写真の色合いを調整できます

  • あらかじめ白い物と一緒に撮影しておくと、写真が暗めになっても、色合い調整機能を使って写真全体の明るさを補正することができます。この機能は、数字の6ボタンで直接実行できます。
ColorAttendantの画面が3枚。いずれも7本の色鉛筆の写真。左の写真は暗めに写っている。真ん中の写真は色合い調整機能で写真内の白いものが写っている部分を選択。右の写真は写真が明るく写っている。

写真左:色合い調整実行前
写真中:色合い調整実行中(カーソルで選んだ場所を白とし、画面全体の色を明るくします)
写真右:色合い調整実行後

5.その他の機能

色名一覧をはじめ、以下の多彩な機能がお使いいただけます。

  • 色名一覧
    色名表示モードに登録されている色の名前を一覧で表示します。
    いろいろモードの色名一覧画面
  • 充実したガイド
  • 画面拡大機能
  • 色比較機能
  • 色名ランキング
    色を調べた結果の多い順にランキング表示します。
    色名ランキング画面
  • 画像呼び出し機能
  • 画像保存機能
  • 音声読み上げ機能
    (らくらくホンのみ)

対応機種

ColorAttendant 2.1

  • らくらくホンベーシック3
    (F-08C)
  • らくらくホン7
    (F-09B)
  • らくらくホン6
    (F-10A)
  • らくらくホンV
    (F884iES)
  • らくらくホンプレミアム
    (F884i)
  • キッズケータイ
    (F-05A)
  • F-05C
  • F-04C
  • F-03C
  • F-02C
  • F-01C
  • F-08B
  • F-07B
  • F-06B
  • F-04B
  • F-03B
  • F-02B
  • F-01B
  • F-09A
  • F-08A
  • F-04A
  • F-03A
  • F-02A
  • F-01A

ColorAttendant 2.2

上記以外、*-01A以降のiアプリ対応機種(Doja 5.1以降)。
携帯電話にカメラがついていない機種、外部メモリ(microSD)に対応していない機種、画面サイズが縦320ドット×横240ドットよりも小さい機種を除く。
F-10B/P-05A/L-04B/L-03C/L-03A/L-01Aは動作しないことが確認されています(2011年11月時点)。
最新情報は随時こちらのページでお知らせいたします。

アクセス方法

iMenuからアクセス

  • 「iモードボタンを押す」→「iMenu」→「メニューリスト」→「ケータイ電話メーカー」→「@Fケータイ応援団」
  • バーコードリーダーからアクセスバーコードを読み取れる機種でQRコードを読み取ると、簡単に「@Fケータイ応援団」へアクセスできます。

    QRコード @Fケータイ応援団サイト(富士通公式iモードサイトアクセス)

らくらくホン

  • 「@Fケータイ応援団」→「実用iアプリをつかう」→「ColorAttendant」

らくらくホン以外

  • 「@Fケータイ応援団」→「実用iアプリ」→「ColorAttendant」

※ご使用の機種により、利用できるサービスに違いがあります。
※ダウンロードには別途パケット通信料がかかります。
※「@Fケータイ応援団」を利用するには、iモード契約(有料)をしている必要があります。
※「iMenu」、「iモード」、「iアプリ」は株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの商標または登録商標です。
※QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。
※その他、記載されている製品名などの固有名詞は、各社の商標または登録商標です。