GTM-MML4VXJ
Skip to main content

私たちとつなぐ未来

富士通らしさをもって、お客様・社会とともに豊かで夢のある未来創りに取り組む富士通社員の挑戦をご紹介します。

キッズイベント2015
2015年8月1日に川崎工場にてキッズイベントが行われ、約80名の子どもたちが参加しました。そこでは、プログラミングの基礎やテクノロジーを学んだり、未来にあったらいいなと思うテクノロジーを考え、発表しました。

詳細を見る

キッズイベント2015

2015年8月1日に川崎工場にてキッズイベントが行われ、約80名の子どもたちが参加しました。そこでは、プログラミングの基礎やテクノロジーを学んだり、未来にあったらいいなと思うテクノロジーを考え、発表しました。

第23回 世界スカウトジャンボリー大会 2015

この世界スカウトジャンボリーには、160以上の国々から3万人のスカウトが集まり、2週間のキャンプを通して世界の仲間と体験を共有しました。

FCT 家族ロボット教室

2011年12月から子どもたちに対する東日本大震災復興支援として富士通コンピュータテクノロジーズ(FCT)は参加者1000組達成をめざし岩手県・教育委員会・NPOとともにほぼ毎月のように家族ロボット教室を続けています。

新たな建築への挑戦

富士通の一級建築士である河村は、北陸コンピュータ・サービス(HCS)とともに最高レベルのデータセンターを建築している。

キッズイベント2014

子どもたちに科学技術への興味を持ってもらうことを目的として、2007年からキッズイベントを行なっています。

地域のNPOとともに(Fujitsu UK&I, 2014)

ロンドンのTower 42に約300人の富士通UK&I社員が集まり、942段の階段を駆け上がるチャリティイベントがありました。

より安心な地域医療をともに

富士通は、旭川赤十字病院 牧野 憲一 病院長様とともに、地域医療連携システムに取り組み、安全な地域医療を支えています。

富士通キッズイベント2013

子どもたちに科学技術への興味を持ってもらうことを目的として、2007年からキッズイベントを行なっています。

地域のNPOとともに(Fujitsu UK & I)

2013年5月に、300名を超えるFujitsu UK & Irelandの社員がロンドンのTower 42に集まり、920段もの階段を駆け上がるイベントを開催しました。

富士通グループ熱帯雨林再生プロジェクト

2002年から富士通グループ社員はSAFODA(マレーシア・サバ州森林開発公社)とともに熱帯雨林の再生活動を続けています。

「はやぶさ」プロジェクト

『はやぶさ』は小惑星探査を目的に開発された探査機です。小惑星「イトカワ」に近づき、その表面から物質のサンプルを持ち帰ること(サンプルリターン)を目的としています。

「HPCwire People to Watch for 2012」に、富士通 山田昌彦が選出

HPC業界における著名なニュース・情報サイトである「HPCwire」が、2012年1月24日に発表した「HPCwire People to Watch for 2012」において、当社 TCソリューション事業本部 本部長 山田昌彦が選出されました。

GTM-NPL52N