GTM-W5W3BK9
Skip to main content

腐食材料・部品分析

腐食すると、なぜトラブルとなるの?

腐食トラブルには、

  • トラブルに至るメカニズムは様々(導通不良・短絡、不明なものも・・・)
  • 往々にして不良が再現しない(トラブルに気づかないことも・・・)

などの特徴があり、故障原因の特定は困難です。しかし、故障の症状から故障部位である材料や部品を推定し、対象を分析することによってトラブルの原因を突き止めることが可能です。

当社では、富士通株式会社での長年の腐食環境診断と故障解析の経験によって培われた分析技術・ノウハウを元に、故障と腐食の因果関係を調査いたします。

腐食によるトラブルでお困りの方はこちらからご連絡ください。


腐食が原因のトラブル事例

例1:銀配線の腐食

トラブルの生じた電子機器の基板配線表面を電子顕微鏡で観察したところ、銀配線部分に花のような結晶が成長している様子が確認されました。

この結晶部分の断面をEPMAを用いて元素分析したところ、結晶が腐食生成物の硫化銀であること、結晶の真下で銀配線が細くなっていることがわかりました。

分析の結果、このトラブルは腐食による配線の導通不良が原因と推定できました。

腐食材料・部品分析001
腐食材料・部品分析002

例2:配線表面の腐食剥離

トラブルの生じた電子機器の導線表面を電子顕微鏡で観察したところ、導線表面が一部剥離している様子が確認されました。

腐食材料・部品分析003

この剥離部分の断面をTEMを用いて分析したところ、銀で被覆されているはずの銅が腐食し、硫化銅として銀表面に析出していました(クリープ腐食)。

分析の結果、このトラブルは腐食生成物が剥離して短絡の原因になったと推定できました。

腐食材料・部品分析004

ここでご紹介した事例の他にも、様々な腐食トラブルの分析・解析実績があります。
詳しくは個別にご相談下さい。

腐食材料・部品分析(腐食環境診断)に関するお問合せはこちらからご連絡ください。なお、お問合せ、お見積りは無料です。

お問い合わせ

富士通総合質量技術(蘇州)有限公司

TEL:0512-6832-0107

受付時間 : 平日9時~17時(土曜?日曜?祝日?当社指定の休業日を除く)

このページに関するお問い合わせ

icon-tel 電話 :0512-68320107 18913544883

icon-mailE-mail:lijuhua@cn.fujitsu.com;wangkehu@cn.fujitsu.com