GTM-W5W3BK9
Skip to main content

環境活動

eco-img01

当社は2009年9月18日付けで株式会社広州賽宝認証センター(CEPREI Certification Body)よりISO14001に準拠した環境マネジメントシステムの認証を取得しております。 

今後も日常の企業活動を通じて、省エネルギーや資源のリサイクルに努めるとともに、環境に優しいシステムをお客様に提供するための努力を続けていきます。


富士通グループ環境方針

理念

富士通グループは、環境保全への取り組みが重要な経営課題であると認識し、IT企業としてその持てるテクノロジーと創造力を活かし、社会の持続可能な発展に貢献します。また、事業活動にかかわる環境法や環境上の規範を遵守するにとどまらず、自主的な環境保全活動に努めます。さらに、豊かな自然を次の世代に残すことができるよう、すべての組織と一人ひとりの行動により先行した取り組みを継続して追求していきます。

行動指針

  • 製品のライフサイクルを通じ、すべての段階において環境負荷を低減する 。
  • 省エネルギー、省資源および3R(リデュース、リユース、リサイクル)を強化したトップランナー製品を創出する 。
  • 有害な化学物質や廃棄物などによる自然環境の汚染と健康被害につながる環境リスクを予防する
  • IT製品とソリューションを通じ、お客さまや社会の環境負荷低減と環境効率の向上に貢献する 。
  • 環境に関する事業活動、製品およびサービスについての情報を開示し、それに対するフィードバックにより自らを認識し、これを環境活動の改善に活かす。
  • 従業員一人ひとりは、それぞれの業務と市民としての立場を通じて環境の改善に努める。

当社の環境方針

富士通南大軟件(FNST)は、富士通グループ環境方針に則り、すべての人々が持続的に快適な生活を営むことができるように、私たちが持てる情報処理技術と創造力のすべてを挙げて、地球環境問題の改善に取り組みます。組織に適用される環境に関する法規制、協定、および受入を決めた要求事項を守ります。

  • 法律法規を遵守し、社会責任を負う
  • 環境意識を育成し、全員が環境保護に参加
  • IT製品及びソリューションを提供し、環境負荷を削減すると共に、環境効率を向上させる
  • 資源を節約し、エネルギーの消費を削減
  • 緑化活動を推進することでCO2の削減を図る
  • 管理体系を強化し、継続的な環境改善を実施

当社の生物多様性行動指針

生物多様性が将来の持続可能な社会にとって重要な基盤であることを深く認識し、IT企業の技術と創造力を活かして、すべての人々と連携・協力して生物多様性に資する行動を推進する決意です。

  • 生物多様性に関する条約、国の環境政策を遵守
  • 生物多様性に資する行動に自発的かつ着実に取り組む
  • 社員の生物多様性保全意識を向上させ、資源循環型経営を推進

2012年までの環境活動の目標

  • ISO14001の要求に従い、持続的な環境改善を行い、ISO14001認証の再審査に合格
  • 使用済み物品のリサイクル率を高める(紙のリサイクル率を50%から75%へ)
  • 無駄遣いを減らし、総生産高の光熱費を5%下げる
  • CO2排出量を把握した上、2012年に当社で年間40トンのCO2排出量を削減
  • ソフトウェアの開発とサービスの提供による生物多様性への環境負荷を低減
  • 社会の生物多様性を保全する活動を実践

登録活動範囲

情報システムの運用サービスの設計、構築および提供(マネジメントシステム審査登録内容を記載)

登録事業者

南京富士通南大軟件技術有限公司

認証取得日

2009年9月18日

審査登録機関

株式会社広州賽宝認証センター(CEPREI Certification Body)

登録番号

01209E10566R0M