GTM-W5W3BK9
Skip to main content

南京富士通南大軟件技術有限公司

南京富士通南大軟件技術有限公司(FNST)は1999年2月23日に正式に設立されました。世界的にIT関連事業を展開している富士通株式会社と、学術研究に優れた南京大学が共同で設立した企業で、富士通ソフトウェアグループのグローバルな研究開発センターの1つである。主にサーバシステムに関する基本的な製品の開発を従事し、Linux OS検証及び機能強化、サーバ管理ソフト、ミドルシステム(応用サーバー、データベース管理システム等)、組み込ソフト及び一部の高級応用ソフトの開発及びサービスの提供を含まれます。豊富な開発経験と高い専門技術により、お客様に最適なITシステムインフラの設計、構築、導入、サポートまで、トータルにご提供いたします。

南京富士通南大軟件技術有限公司の本社は中国南京にあり、中国の江陰と日本の新横浜にそれぞれ支社があります。資本金は123万ドル(富士通と南京大学の出資比率はそれぞれ78.9%と21.1%)です。18000平米の研究ビルを持ち、現時点では1300名の従業員がいます。